クリアパーツにつや消しスプレーぶっかけユニコーンガンダムデストロイモード

ガンダム好きならば手を出してみたいシリーズの一つが機動戦士ガンダムUCのガンプラでしょう、中でもユニコーンガンダムはサイコフレームが見えるモビルスーツという事でメカ感、ニュータイプ感、サイコ感が滲み出る機体。 という事で老眼オッサンの私は無理をせずにHGUCのユニコーンガンダムデストロイモードから初めてみました。

深夜の武道館周辺で職務質問される

鉄血のオルフェンズシリーズのガンプラが刀が特徴的なガンプラ、そうともなれば「和」的な場所でのミッションが似合うはず!という妄想を抑えきれないのがガンプラ冒険家ってやつでしょう。 という事でワクワクしながら深夜の日本武道館周辺を訪れたところ、真っ暗でどうにもなりませんでした。

ガンプラ初心者の簡単フィニッシュ HGガンダムキマリスヴィダール

鉄血のオルフェンズシリーズはこれで3作目となり、どれも塗装しなくてもOKなようにシールが付属さえていますが結局は少し塗装したほうが良いキット... それはHGキマリスヴィダールも例外ではなく腕の一箇所を丸ごと付属シールで色付けとなっています。 そしてこれをきれいに貼るのがメッチャ難しい...

バエル、バルバトスと行く鉄血のお花見作戦

ガンダムバエルとガンダムバルバトスが完成したので某所で軽めの作戦を行ってきました。 この場所は春になると立派な桜を見に来る方がとても多いのでソコソコ有名なお花見スポットとなっております。という事はガンプラを見られる可能性がとても高い... 行楽地状態における作戦ほど難易度が高いものはありませんな

HGガンダムバエルは後ろ向きがカッコイイ!

突然シリーズ物のガンプラを作りたくなる事ってありますよね、中でもガンダムを買ったならシャア専用ザクも買う、ユニコーンガンダムを買ったらシナンジュみたいな敵対する組織のモビルスーツはどうしても譲れません。 今回私が急に作りたくなってしまったシリーズが鉄血のオルフェンズ、ガンダムバエルは後ろ向きがとても良い感じ!

深夜のドンキホーテ秋葉原店で売っているガンプラの種類

深夜にガンプラが買いたくなる... 前はこのような事が無かったのですが、深夜にツイッターやインスタグラムでガンプラの画像を見ていると欲しくなる時があります。 という事で我慢が出来ない私は深夜の秋葉原ドンキホーテへ行って来ました。一人じゃ不安なのでザクとドップにも付き合ってもらいながら...

あまりに基本的なガンプラ屋外撮影の4つのモビルスーツ

屋外でガンプラを出して撮影、それも数隊のモビルスーツで遊ぶ! 小学生までならこのような遊びをしても変な目で見られる事はありませんよね。むしろ微笑ましくもあり、ガンプラがジオン系でまとまっていれば将来頼もしいジオニストってもんです。 それがオッサンとなれば話は別、基本的には変人として見られます。

文京区「肥後細川庭園」が写真撮影に最適な理由

新江戸川公園といった名称のロイヤルな地域にある公園、これが知らない間に立派な庭園に変貌しました。 その名も「肥後細川庭園」といった名称になりまして「公園」とはかけ離れた姿になっており、正しく庭園と呼ぶに相応しい面構えの施設となっております。 そんな庭園でHGガンプラ「ブグ」の写真を撮影しまくりました。