体重等の「圧」でスイッチが起動する電動マッサージ「ドクターエア ボディクッション」

スポンサーリンク
レビューの鉄人
スポンサーリンク

小型タイプのマッサージ器で有名なドクターエア(DOCTOR AIR)のボディクッションを購入しました。

ドクターエアボディクッション(型番BC-01)は体重等の加圧によりバイブが動く部分マッサージ器でほぐしたい部位に優しくあてるのではなく、グイっとあてて体重をかけてパワフルなバイブの刺激で気持ちよく部位をほぐすコンパクトな部分マッサージ器。

実際にドクターエア ボディクッションを使ってみて思うのがこんなところ…

  • 持ち運び簡単
  • コンパクト
  • 操作が楽
  • デスクの椅子、車の椅子でも使える

USBで充電するタイプのマッサージ器なのでコンセントいらず、それによりどこでも使えるってのが実際にドクターエア ボディクッションの良いところでしょう。

スポンサーリンク

ドクターエア(DOCTOR AIR)ボディクッション

ドクターエアの電動マッサージは柔らかく伸縮性のある素材でデバイスを包んであるのが特徴的、スイッチ類も少なく扱いは楽なほうだと思います。

開封すると中はこんな感じ…

本体とUSBケーブル(Type-C)とACアダプター

これなら誰でも簡単に使えるはず、組み立てのような作業は一切なし。

本体仕様と詳細

本体仕様
販売名ボディクッション
型番BC-01
電源充電式(リチウムイオン充電池内蔵 5V 1000mAh)
充電時間約3.5時間(満充電まで)
充電可能回数約350回
電池持続時間最長約180分
振動回数約4000RPM
定格使用時間約10分
仕様環境温度10℃~35℃、30%PH~85%RH
耐荷重量100kg
外形寸法W266mm×D232mm×H113mm
質量約660g
材質ポリウレタン、PU発泡、ABS
付属品ACアダプター、USBコード(Type-C)取扱説明書(保証書付き)
生産国中国
ACアダプター仕様
定格入力AC100V-240V 50Hz/60Hz
定格出力 DC5V  1000mA

少々気になるのが充電可能回数350回の部分でしょう

ただ実際に使ってみると一日に数回充電するようなものではない感じ、普通に使うとなれば3日に一回ぐらいの充電ペースかなと思います。

圧をかけてバイブ起動をどう考えるか?

実際にドクターエア ボディクッションを使ってみて思うのはバイブの機動スイッチが本体へ圧によるところをどうみるか?になります。

例えば背中にバイブの刺激をあてるとなるとドクターエア ボディクッションの上に乗っかる形、やめる場合は体制をずらして圧をかけなければバイブが停止するので楽といえば楽。

でも座って足裏にバイブの刺激をあてようとすると方足だけでは重さの圧が足りないので力を加えることに、両足なら重さの圧でバイブが起動。

じゃあ手をちょこんと乗せるとどうなの?ってなると手を乗せた程度の圧ではバイブが起動しない、ググっと圧を加えないと…といったところ。

スイッチを入れて動きっぱなしのバイブが嫌な人にはよいかも

小型の電マってスイッチを入れると本体丸ごとブルブル震えてしまい持ってる手がしびれて来る、なんかくすぐったいみたいな感じになる機器があるはずです。

そんなスイッチを入れて動きっぱの電マがイヤな人は体重等の圧がスイッチになるドクターエア ボディクッションが良いかも…と思うところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました