最後には必ず”負け”で終わるのがモテる男への近道

未分類

モテる男は必ず最後に負ける、これは女性に対して最後は負けの姿勢で終わらせるほうが好意的になり結果としてモテるということ。

ゲームやスポーツで女性と何かを競うような時に内容的には圧倒的に男の勝ちだったりしても必ず最後には”負けの姿勢”で終わりにする、これにより相手を気分よくさせるだけでなく男の優しい一面を見せつけることが出来ます。

子供と何かを競って子供をコテンパにする大人がカッコよく見えますか?このポイントを突いてモテる男を目指しましょう

強くて優しい男の作り方

女性が男性に求める性格面での要素で昔から言われているのが優しさと強さ、この二つはどちらか一方にステータスを振った方が楽です。

徹底的に優しい男と徹底的に強い男、どちらも良い面と悪い面があり一概に決められません。

でも女性は強くて優しい男を求める、それは分かっているけど実際に強くて優しい男への難易度は難しいのもがありますし「強さ」とは男の年齢によって意味合いが変化してきます。

じゃあどうやって強くて優しい男になりモテる男を目指すのか、その方法は場面場面で最後に負けの姿勢を必ず行う、これが優しさ要素。

そして何かをやっている時は必ず強く戦う姿勢を見せる、これが強さ要素。

この二つを同時に行うことにより強くて優しい男の雰囲気は作れます。

強く戦う姿勢を見せる

日本人の性質は結果は重要だけど過程”も”重要とされる風潮があります。

これは努力を重んじる、努力と過程を評価するといった風潮で日本は結果だけを見る社会ではありません。

ここを利用してモテる男を目指してしまう、つまり負けても一生懸命に強く戦う姿勢は人の心を動かす効果があるのでその部分だけをもぎ取ってしまうのです。

具体的な方法はスポーツでもゲームでも遊び半分ではなく真剣にやること、実際は弱くてもいいから真剣に行う姿勢は男の強さアピールにつながります。

加えて一生懸命っぽさの演出も忘れずに!

相手をコテンパに叩きのめすと優しさがアピール出来ない

何かの勝負を行う時に相手をコテンパに叩きのめしてしまう…とくにゲームの場合はよくある光景ですね、相手を叩きのめして勝つのは気持ちが良い。

でもモテる男を目指すならば相手を叩きのめしてはダメ、実力差ゆえにどうしても勝ってしまうとはいっても相手に見せ場を作らせることにより優しさがアピールできるし恨みも買わない方法です。

女性相手の勝負で相手をコテンパに叩きのめしてしまうと「つまんない」「もうやだ」となりそこで終了。

勝負に勝って試合に負けたにはモテる要素がてんこ盛り

「勝負に勝って試合に負けた」

これは昔から言われるいかにも日本的な表現であり内容や過程を評価する意味です。

基本的にはプロアスリートの世界の表現、それを普段の遊びや付き合いの中で活用してモテる男になってしまおうの魂胆。

おもに対戦型のスポーツやゲームで勝負に勝って試合に負ける演出が有効です。

女性には必ず最後に負けるようにする

モテる男になるには女性との遊びやトークにおいて最後は必ず負けるように心がけることがポイント。

本当は女性を言い負かしたいと思っていてもそれはダメ、目的(モテる)のための手段(負ける)なので女性を良い気分にさせて終わらせることが重要です。

でも前述の通り”過程”においての妥協はダメ、女性が求める強くて優しい男を演じてモテる男をめざしましょう。

小さな子供には何があっても負ける、やられて終わる

もしあなたが女性と子供と同時に接する状態にある時は必ず子供を優先的に接しましょう。

出来れば男の子の子供と接するほうが効果的。

モテるために子供と接する場合は最終的に絶対に負ける、やられるで終わること。これを守れそうにないのであれば子供と接しない方がベスト。

パターンとしては子供に勝負を挑む、それはじゃんけんでも良いしゲームでも良い、簡単なクイズ合戦あたりも有効、少しヤンチャな子供の場合は戦いごっこはかなり効果的。

そこで絶対に負ける、「ぐわぁ~!やられた~!」とオーバーアクションで負ける・やられる、子供に華を持たせる。

これにより優しさがアピール出来る効果、あなたが父親になった時のイメージ、遊んでくれるパパ、あなたが人を楽しませる人間である証…とモテる男の要素がてんこ盛りです。

子供をしっかり楽しませて遊んだ後のあなたに対する女性の印象は好意的な状態であること間違いなし、つまりモテる男といった流れ。

小さな子供と女性がいる場はモテる男を目指す人にとって絶対的なチャンスの場であることをお忘れなく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました