BBQで刺青やタトゥーを見せつける若者へ

スポンサーリンク
モテる男の教科書
スポンサーリンク

BBQに行ってきました。
そこは川沿いのBBQ場なんですが都心から近くて緑も豊でグループ交際的な雰囲気というかBBQ合コンみたいなものが各所で盛り上がりまくっていました。

私としては騒いだり音楽かける若者たちがちょっと五月蠅いなぁ…ぐらいの感覚だったけど流れる音楽がモロに私の20代前半と被っていたこともあってか最初は「ま、いっか…」ぐらいの感覚。

ところがBBQ場の管理棟からしょっちゅう放送が流れるのでコレは…と思う。

「節度を持ってBBQを楽しみましょう!!!」(怒)

「直火はやめて下さい!!!」(ガチ怒り)

「近隣の住民が迷惑します!音楽のボリュームは下げなさい!!!!」(もはや命令)

こんな感じの放送がチョイチョイと流れるのでありました…

スポンサーリンク

BBQ場にタトゥーな若者が多い

以前からBBQにはタトゥーな若者が多いな…と思っていたけどやっぱり多いと実感してきました。

ただ気になるのが本物なのかシールなのか?ってところ、

そんなに悪そうな雰囲気でもない若者が見える位置にがっつりとしたタトゥーとなるとやっぱりシールなのかなと思う。

ではそのタトゥーシールをわざわざつけてBBQに来たってんですかい?となってしまうのがオッサンの思考なのでしょうか、

別に違法な行為ではないから問題ないのだけれどわざわざシールを貼ってBBQに来るその心とは「目立ちたい」しかないと思う。

私の感覚だとタトゥーシールをつけた若者がいっぱいいるBBQ場なんかお酒も入って殴り合いの喧嘩が起きてもおかしくないように思っちゃうけどそれは一切なかったのも最近の特徴なのでしょうか、

目立ちたい、悪ぶりたい、周りからアウトローに見られたいって若者が集まったら何かが起きていたのが私の時代、でも今は違う…とすべき時代でしょうか?

BBQ場で騒ぐタトゥー若者

仲間とお酒のんでBBQやれば楽しいに決まってます。

それで川沿いなら川でバシャバシャやりまくってしまいますよね、大きな声で「うぉー!」とか「うぇーい!」とかやりまくってしまうのは分かりま。

若いときにそんな行為をして誰かに怒られたりして痛い勉強代を払ったり社会経験を積んでオッサンになり、今度は自分が怒る、教える側になるってもんのように思えます。

でも今の時代はBBQ場の管理棟からのアナウンスで注意される、怒られるような時代といったところ、「節度を持ってBBQを楽しみましょう!」なんて放送がされてしまう時代。

ココはみんなのBBQ場、お前ら達だけがワガモノ顔でえばるんじゃねぇ!って印象の放送が多かったように思えます。

これが1グループだけの若者に対してってんなら周りか白い眼でみちゃえばおとなしくなりそうもんだけどそんなグループが沢山。

俺たちのほうが目立ってエンジョイしているから対決みたいなものを感じました。

直火でBBQやるオッサン達

河原のBBQ場なんだけどココは立て看板にデカデカと「直火禁止」な場所、にもかかわらず直火でやってる人が結構いる。

そんな直火でやっちゃう人達をみるとオッサングループが多い、イカツイオッサンではなく普通のオッサングループ。

これについても放送が流れる、「直火はやめて下さい!」って。

それでもみんなやめない、そんなの知らねえ、関係ねぇ、耳が悪いので聞こえませんと言わんばかりにやめない。

タトゥーな若者たちは直火は全然やっておりません。
どちらかというと大きなテントで本格的にBBQをやってるような雰囲気、ハッキリ言って美味そうなものばかり食っていやがりました。

音楽をかける若者 

BBQをしながらノリの良い音楽をかける… 楽しいに決まっております。

ただ結構なボリュームなもんでして目立つ。
そんな若者BBQグループがあちこちにいるから静かな雰囲気でBBQってな状態ではありませんでした。

そうこうしていると、またもや管理等からの放送…

「近隣の住民が迷惑します!音楽のボリュームは下げなさい!!!!」

もはや注意とかではなく命令でした。

川沿いでBBQっでってなれば川で遊んだりウロウロしたりで全員が陣地でじっと肉を食べているわけじゃないではないですか、
多分放送を聞いていない人が次々とボリュームを上げていたのでしょうか、放送後は音楽のボリュームが下がるけど暫くするとまた大きくなる。

近隣住民が迷惑する!とは言っていましたけど、住宅はそれほど近隣ではない…
ってか埼玉だけどかなりの田舎で回りは畑ばかり、そこまで大きなボリュームでも無かったと感じています。

あれはBBQ場管理棟の人がイライラして怒っていたからだと思う。

BBQのマナー

私はガチのBBQ人ではないからBBQにおけるマナーは常識的な部分しか分かりません。

「BBQやってイイ場所でやる」「騒ぎすぎない」「持ってきたものは全て持ちかえる」「直火はダメ」正直言ってこれぐらいしか分かりません。

恐らくガチのBBQマンからすればもっと細かいマナーやルールとかあるのでしょう。

今回のBBQで感じたのは、そのような常識的マナー以外の部分…つまり若者の刺青やタトゥー。

これが何とも言えない気持ちになります。

「じゃあタトゥーシールじゃなくてボティペイントみたいなやつならいいのか?」って聞かれればグヌヌ…ってなっちゃう。

だけど、例えば海… 海水浴場なんかの場合、

そのような体に模様のある人って隅っこのほうで陣地を作る、隅っこで遊んでいるって感じがしませんか?
カップルやファミリーが遊びまくる場所に陣地は作らなくありませんか?

それは彼らなりに周りに配慮をした海水浴ってことで「コッチに近寄らないで」「コッチは違う世界だよ」って自主的配慮を行いながらBBQを楽しんでいるように思う。

そのような人達を褒めるわけじゃないけど、日本の公共的なレジャーの場において刺青やタトゥーが入っている人間がどのように振る舞うべきであるかは分かっている行動だと思う。

それが正しいか正しくないかは別にして…です。

だがBBQで騒ぐ若者タトゥーは違う、たとえそれがシールであって本当は普通の学生さんでメッチャ良いヤツだとしても振る舞い方がなっとらんようにしか思えません。

こんな私の意見をオッサンくさい、ジジイの意見、うるせぇオッサン…と言いたくなる気持ちは分かります。

私が若かりし頃の日本は、もうちょっとバイオレンスな要素のある国でして「そこでソレを行うと確実に揉める」ってのがあった国、
イキった見た目でイキった行為を行えば普通に殴り殴られがあった時代です。

そこにはBBQ場の管理棟からの放送での注意みたいなもんはありません、
目立っていれば地元の連中に囲まれる。
夏祭りで目立てば確実に喧嘩になる…です。

BBQのマナーと刺青・タトゥーの若者の関係だけで言えばマナーは存在しない、別にタトゥーシールを貼ってBBQをやってはいけない!なんて法律は無いですもん。

だけどもうちょっと考えて欲しい部分はある、楽しいからというだけでソレを行うのはあまりにも浅はかではないでしょうか?

やるなら端っこで、住み分けて… 

これが体に模様のある人が川沿いBBQでの振る舞い方だと私は思う、本職の人だってそうしてると思う。そこには何の強制力もないけどね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました