つみれ鍋を食べてる感覚に近い「びっくりドンキー 和風ジンジャーバーグディッシュ」

スポンサーリンク
びっくりドンキー
スポンサーリンク

ハンバーグレストランびっくりドンキーから待望のガチ新メニュー(期間限定)「和風ジンジャーーバーグディッシュ」が登場、ということで食べてきました。

和風ジンジャーバーグディッシュは”だしの旨み×生姜の風味”をコンセプトにした大人のハンバーグ、びっくりドンキーの中でも久々の新規のメニューになります。

実際に食べてみた感想はハンバーグというよりは”つみれ鍋”を食べているような感じ、男らしい味わいではなく優しい味…女性向けのバーグディッシュかと思います。

※ 和風ジンジャーーバーグディッシュはあまり人気がなかったようで、都内ではその後の期間限定メニューで復活している形跡はありませ(2021年11月現在)

スポンサーリンク

びっくりドンキージンジャーバーグディッシュ300g

今回はいつもと違い、自宅からかなり離れた千葉県のびっくりドンキー某店、

びっくりドンキーは店舗によって外装や内装がかなり異なるのも魅力の一つ、ディズニーランドのような雰囲気がありますよね!

どの店舗も照明は暗め、内装はウッドを使って凝った作りが基本で天井をよ~くみるとギターやブリキのおもちゃや車や釣り竿さら…と見ているだけでワクワクしてくるというもの。

そして期間限定の目玉メニュー和風ジンジャーバーグディッシュのポスターがコチラ!

写真だとスゲー美味そうに見えます。

和風ジンジャーバーグでディッシュはバーグとジンジャーの間に野菜と餅が挟まってる構造、さらに隠し味的にはちみつを使用しています。

で、和風ジンジャーバーグディッシュの現物がこちら、300gです。

写真と変わりのない盛り付け、さすがびっくりドンキーといったところ。

実際に食べてみるとソースはとろみのある和風だし味…なんだけど薄味、生姜はたっぷりでジンジャー感はかなりあります。

ただ300gに対してこの量の生姜となると150gでは生姜が多すぎるのでは?と思うところアリ。

他のお客が注文した150gジンジャーバーグディッシュの生姜量を見ても300gと同じでした。

和風ジンジャーバーグディッシュは一応ハンバーグにはなっていますが薄味の和風タレと野菜に生姜の組み合わせはハンバーグというよりは”つみれ鍋”を食べてる感覚に近い味わい、

よくも悪くもびっくりドンキーっぽくないハンバーグディッシュでした。

ワイルドにバーグを食べたい男性向けではなく女性向けかと思われます。

サイドメニューに「イカの箱舟」をチョイス

びっくりドンキーのサイドメニューにある”箱舟シリーズ”は今回注文したイカの箱舟とブロッコリーの箱舟の二種類、どちらも和風な醤油ベースな味。

イカのボイルに焦がしマヨネーズのの濃厚な味わい…かとおもいきや結構さっぱりとした味、無料でもらえるハンバーグソースと絡めて食べても美味い。

冬季限定「チョコレートファンタジー」

秋冬のもうひとつの期間限定メニューがチョコレートファンタジーシリーズ、冬季限定のチョコバナナパフェってことでかなり満腹にも関わらずオーダーしてしまう…

こちらが冬季限定デザートメニューの「パリパリチョコバナナパフェ」

アイスの上からぶっかけられたチョコが固まってパリパリとした食感、バナナは普通のバナナ味(笑)

量は少なめなので満腹でもパリパリっと食べられてしまいまいました。

こってりワイルドなバーグが食べたいなら和風ジンジャーバーグディッシュは避けるべき

今回新規の期間限定メニューで登場した和風ジンジャーバーグディッシュ、実際に食べるとあっさりテイストで鍋を食べてるような感覚のバーグでした。

不味いとは思いませんがびっくりドンキーにワイルドさやこってり感、ガッツリを求めている人には向かないディッシュメニューといった評価です。

という事で和風ジンジャーバーグディッシュを注文する時は別途サイドメニューでこってり系を注文するのがベスト、おすすめは「さくさくイカ唐揚げ」です。

また150gでは生姜の量がバーグに対して多いのもポイント、300gのほうがバーグの量に対して生姜の量が合います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました