遊ぶ金欲しさに一生懸命に働いてモテる男になる

未分類
スポンサーリンク

モテる男になるためには金がかかります。

またモテる男になるためにはどうしても”遊ぶ”必要があるのでやっぱり金がかかります。

「金が無いから無いから俺はモテない」はやはり当たっている、金がなければモテるために必要な遊びも出来ません。

ならば一生懸命働いて金を得る、転職したって副業したって構いません。

「金があるからモテる男」を目指してはいけない

金があればモテる…そこは否定しません。

お金のある男とは力がある男、経済力の強い男性が女性にモテて当たり前の話。

しかし”金があるからモテる男”を目指してしまうと使える金が減った時点でモテる男ではなくなってしまいます。

そうではなく自分が得た金を使って自分がモテる男になる、それにより使える金が減ったとしてもモテる、金が無くてもモテる男でいられる…これは自己投資のようなものであり人生における財産でもあります。

本当の意味でモテる男とは金が無くてもモテる、金があれば更にモテる、ここを目指しましょう。

スポンサーリンク

人生を豊かにする為の金を考えてモテる男を目指す

稼いだ金の使い方でモテる男に焦点をあてると結局は自分の人生を豊かにする為の金の使い方になります。

それはスポーツだったり飲みだったり旅行だったり…と思い出や経験になるもの、そして思い出や経験が豊かな人ほどモテる、これは男女関係なくモテます。

モテる男を目指すならお金の使い道は本当に大切、遊びにお金を使えないとモテる男にはなれません。

昔から「遊びを知ってる男」はモテる男

遊びを知ってる男はモテる男、これは今に始まったことでなく昔から言われている事。

でも令和の時代に”銀座で飲んでる”なんて遊びは金の匂いがプンプンするだけで時代に合わないというもの、その時代に合わせた遊びでないと意味がありません。

しかし飲みやスポーツやバカンスのような遊びは普遍的な遊びの要素があるので時代に合わせた場所や物事を選べばそれで大丈夫。

「乗馬をやってる」なんて言えばカッコイイとは思うけど乗馬には庶民の要素はありません。

では「ボルタリングをやっている」となればどうか、「テニスをやっている」はどうか、

モテる男になるための遊びとは時代と流行に合わせたものを選びましょう。

遊ぶには金がかかる

モテる男を目指すなら金のかからない遊びよりも金がかかる遊び(あくまで庶民レベルで)を選ぶべきです。

誰にでも出来てしまう金のかからない遊び、例えばコンビニでワインを買って自宅で楽しむ…これも遊びの一種だと思いますが誰にでも出来ること、そこには特別感は無くコンビニで買ったワインを自宅で飲んだ行為を遊びとして面白くかつ魅力的に話せる人間は多くありません。

そうではなく、金がかかる遊びを選ぶこと。

ダイエットの為に走るとしても近所を走るのではなくわざわざ皇居のまわりを走る、走るためのウェアーも揃える、走る前の着替え室、走った後のシャワー、その後に食べるオススメのご飯…ただ走るのではないので金がかかります。

でも考えてみて下さい、近所を走った話と特殊な場所を走った話のどちらが魅力的であるか?

モテる男になるためには遊びにも金をかけなければなりません。

車を買ってキャンプやBBQなどの遊びもよいですね。

※庶民レベルのお金のかけ方で十分、余裕がある人はワンランク上のお金をかける遊びを選ぶとなお良い。

「一生懸命に働く」には色々な方法がある

遊ぶ金を得るには働くしかありません。

でも一生懸命に働いたって金が足りない…分かります。令和の初めとはそんな時代だと思います。

あなたが学生・フリーター・社会人・無職のどれかの立場だったとしても一生懸命に働く気持ちがなければ遊ぶ金を得るのは多分難しい。

それは普段の生活にかかる費用にプラスαの”遊ぶ金”だから。

じゃあどうやってプラスαの遊ぶ金を得るのか…色々な方法があるので代表的なものをまとめました、全てはモテる男になるために必要な”遊ぶ金”のためです。

※私は遊ぶ金を借りるのは推奨しません。私自身、過去にそれで失敗しています。

バイトの時給が低いなら深夜バイトでも何でもする

アルバイトなら時給が全て、時給の良いバイトにかえるのは手段の一つでありますし時給の高い深夜バイトを探すのも手段。

一般的にキツイ仕事内容ほど時給(給料)は高い、危険な仕事内容も同じです。

そのようなキツく危険な仕事をずっとやれ!ではありません、遊ぶ金を得る為に一生懸命に働くのです。

深夜バイトをしてそのまま朝からバイトして2カ月以内に50万ぐらいの中古車を買ってバイトをやめる、車の使い道は当然遊びの為…若い頃の私はこのような事をしていました。

給料が低くて遊ぶ金に回せないならば転職を考える

社会人となり固定の給料、しかし給料が低いから遊ぶ金に回せない、モテない、彼女できない、結婚できない…負のループと言いましょうか、これでは未来がないのでモテる男になれる要素がないです。

社会人でサラリーマンなら転職を考える他ないでしょう。

副業で金を稼ぐ

ある程度生活が安定している方で更なる遊ぶ金が欲しいとなると副業で遊ぶ金を稼ぐ方法があります。

自宅で出来る副業と言えばアフィリエイト、

youtuberデビューして…のような考え方もありますね、でもそれもアフィリエイトの一つ。基本的な収益の柱は自分のメディアを持ち広告収入を得るといった方法です。

現在のアフィリエイトは簡単な副業ではなくセンスと才能が求められる世界なので強くお勧めは出来ません。

しかしアフィリエイトは遊びの内容をコンテンツに出来る世界、モテる為にやる遊びを記事や動画にして金が稼げれば一石二鳥の世界。アフィリエイトは厳しい世界ですがある程度生活が安定している方であれば挑戦してみるのもよいでしょう。

学ぶことが多くライバルの多い世界ですが月100万の収益も可能な世界です。

※ただしアフィリエイトで月100万の収益を得る為にはそれ相応の才能と知識と努力が必要。

起業してしまう

本気で一生懸命に働いて遊ぶ金を得るなら起業してしまうのも一つの手段。

ただし起業とは勇気のいる事でありリスクもありますし、失敗すれば遊ぶ金どころではありません。

でも起業した人間や起業を考えている人間はどこか輝いている部分が必ずある、その輝きとはモテる男としての重要な要素の一つであることは間違いありません。

「遊ぶ金欲しさに起業する」の考え方は露骨でいやらしく、ロクな人間でないと思う部分もあるでしょう。それはサラリーマンでは得られない金を得たいといった欲望が見える部分があるからだと思います。

そのような欲望が自分に合っているかどうか、起業はこの辺を見極めるのも大切な事、因みに起業とモテる男はとても相性の良い関係。

遊びに金を使って人間力を上げればモテる男の基礎は形成される

モテる男になるためには遊ぶ必要がある、遊ぶために金が必要になる、だから一生懸命に働いて金を得る。金を得る方法は色々とあり、あとはやるかやらないかのどちらか、方法は自分で決めて下さい。

そしてモテる男になるために稼いだ金はなるべく遊びに使う、金を使って遊んだ経験や思い出とはモテる男の財産といっても過言ではないほど。

そんな遊びの思い出や経験はモテる男の基礎となり、遊びに使える金が少なくなったとしても基礎が出来ているのでお金がかからない遊びでも人に楽しく魅力的に語れるというものです。

つまり極論は遊ぶ金が無くてもモテる男は可能、だがその域に達するまでには金をかけて遊んできた経験と実績が必要ということ。

だから「金があるからモテる男」を目指してはいけない、金が無くても真にモテる男を目指すには人生のどこかで少々の無茶が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました