恋愛要素が無ければジェダイは子孫を作ってもOK?

スポンサーリンク

ジェダイの規律ってメチャメチャ厳しそうな感じがしますよね。

とくにスターウォーズエピソードエピソード1.2.3時代は締め付けがとっても厳しい印象がありまして恋愛や結婚は例外を除いて禁止、色んなモノを欲しがる物質主義もダメ…って他にもダメな事が沢山あります。

「マジで厳しい規律なんか守ってらんねーよ、俺さ、好きな人が出来ちゃって三カ月後ぐらいにジェダイ辞めたいんだけどマスターに言うのって一か月前でもOK?」

厳しい規律に耐えられなくなって中にはこんな相談をするジェダイもいたかもしれませんね… ってアレ?

ジェダイって辞めたくなったらどうするの?

ってか辞めていいの?

スポンサーリンク

恋愛や結婚が認められた例外のジェダイ

ジェダイの規律で恋愛や結婚がダメといっても例外がある、じゃあその例外とはどのような場合なのか?ってのはとっても気になるお話です。

そもそも例外が認められるなら自分もどうにかして例外的な存在になればOKってなダークサイドな気持ちがワタクシにはあるし、きっとアナキンにだってあったはず。

じゃあそんなジェダイって誰なんだよ?って聞かれればこのジェダイさん

マスタームンディ(キ=アディ=ムンディ)さんです。

…って、おや?

このマスタームンディさんはアナキンと同じ時代を生き、そして戦ったたジェダイさんですよねぇ。

じゃあマスタームンディさんの例外ってなぁに?って事でwikiから引用させて頂きます。

ちなみに、彼の出身種族であるスリアンは男性の出生率が大変低く、彼の母星では男性が慢性的に不足している為、ジェダイとしては例外的に結婚を認められており、数人の妻子がいる(デアゴスディーニ発行の「スター・ウォーズファクトファイル」によると、男性の産まれる割合は12人に1人)

キ=アディ=ムンディ – Wikipedia

例外的に結婚を認められてるってのは分かりました。

しかしどうしても見逃せないのが「数人の妻子」ってな部分です。

厳しい掟のジェダイで例外的に認められているのに数人の妻子ってんなら納得出来ないジェダイも中にはいるように思う、とくにアナキンは納得できないでしょうねぇ、

私も納得できないですよ。

マスタームンディには何人の妻がいたの?

いくら例外とはいってもですね、マスタームンディの数人の妻子についてはジェダイでなくとも同じ男として気になるってもんでしょう。

という事で検索をしていると出てきましたよ…

正妻×1 他妻×4 娘×7 ってな情報が…

これさ、いくら例外といってもチョットやりすぎなように思えませんか?

せめて妻×1 子×5ぐらいで止めておくべきでしょうに。

それが他妻×4でしょ、それでいてマスタームンディはジェダイ評議会でマスターヨーダやマスターウィンドゥなんかと並んで話込んじゃったりしてる立場でしょ?

そりゃアナキンだってマスターになりたくなるよね。

例外とはいってもマスターであるムンディがこれじゃあ言う事聞かなくなってパドメとできてしまうのも頷ける話です。

マスタームンディは愛のないお付き合いをしたのか問題

あくまで例外的、その理由は男子が慢性的に不足している状況における結婚、それは恋愛の要素を省いた義務的なお付き合い….というジェダイ的な見解になるのでしょうか、

これは例外とはいってもで、その例外を納得のいく形で他ジェダイに説明できなければ例外とは言えません。それはジェダイマスターという立場からすれば例外ではなく権力の濫用になりかねません。

ではこのような例外をどのような説明を他ジェダイにしたのか…

最初の妻(正妻)との結婚は慢性的な男子不足で例外的に…で説明が付いたでしょう、そしてマスタームンディは他ジェダイから「頑張って男子で種の保存を!」なんて使命的な要素すらあったのかも知れません。

それは一つの種族が滅びないようにするために守るといったジェダイの仕事的な側面もあったはずです。

つまり内心はマスタームンディの結婚を羨ましがるジェダイがいたとしても、まだ納得できる部分があったはずなのです。

そして正妻と生涯に渡って何とか男のを生む… みんな始めはこう考えて納得していたと思うのです。

それがどうでしょう、ただでさえジェダイは恋愛結婚禁止なのに他妻×4という一夫一婦制の民族からも難色を示すようなマスタームンディの行為、これを例外とするのは少々無茶があり、それにはまた別の形のイイワケが必要になるはずです。

これはあくまでイイワケであって例外から外れる部分の問題、

つまりマスタームンディは種の保存の為にも男子出産を最優先に、そのためには正妻一人では厳しい現状があり、あくまで仕方なく第二第三の妻を迎えるしかなかった。

苦しいイイワケですねぇ。

こうなってくると本音と建て前の世界がジェダイからも感じられてしまうのは私だけでしょうか?

恋愛要素が無ければお付き合いしてもOKになりかねない

エピソード1.2.3当時のジェダイの掟は恋愛結婚禁止ってなことでマスタームンディを除くジェダイは皆それを守っていたのでしょう。

この掟をそのまま解釈すると禁欲僧侶のような感じです。

しかしマスタームンディの例外があるように少しかみ砕いた解釈を行うとですね、

結婚は出来なくとも愛の無いお付き合いなら?ってな解釈も出来てしまいます。

このような解釈により成人ジェダイは未経験者ではない可能性がとても高まってくるのです。

 エピソード1ファントムメナスのクワイ=ガン、カッコイイですねぇ、何だか人の心を簡単に操れそうなフォースな技もありましたね、

エピソード2クローンの攻撃のオビワン、ちびっ子アナキンの面倒をみつつもかなりのイケメンですよね、人生経験が豊富っぽいですね、

エピソード3シスの復讐のメイス・ウィドゥ、男前ですねぇ、最後はアナキンと自分といった圧倒的優位なジェダイ二人の状態でパルパティーンをやっちゃおうとしてましたね、それってジェダイの規律的にNGじゃありませんかね、

…ねえ、みなさんは未経験者なのですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました