母ちゃん以外からバレンタインのチョコを貰う計画

バレンタイン
スポンサーリンク

2月と言えばバレンタイン、女性が男性にチョコをあげるやつですよね、そんでもってついでに告白とかされちゃうかも的な期待を膨らませる時期です。

んで、そもそもバレンタインとは…みたいなシリーズってあるじゃなですか、企業が消費活動を活発にするためにとかのシリーズ。

確かにバレンタイン時は企業にとって重要な売上になるのは分かっているんだけど、そんな事はもはやどうでもよいんですよね!

一人の男としてこの世に生まれたからには母ちゃん以外からの一個はどうしても欲しい、例えそれが義理であったとしてもバレンタインチョコレートはゲットしたいのです。

「バレンタインなんてさ…」

のように卑屈になる男の気持ちも良くわかるけど、男児たるもの一つでも多くのバレンタインチョコレート貰う為の努力は最大限行いたいし、行うべきである、それは彼女や妻が居ても…である。

スポンサーリンク

前年度のバレンタイン実績を覚えているか?

本当は母ちゃんからの一個もバレンタインチョコ×1とカウントしたいところ、でも母ちゃんからの一個は基本的に無しの方向でいきたい。

私で言えば昨年のバレンタイン実績は義理×3個ぐらい、サプライズ×1、マジ×0、貰った男から貰った×1ぐらいぐらいだったと思います。

サプライズ×1とはですね、オキニ子から頂いたもの。

このサプライズ×1については色々と突っ込みたい人もいるでしょうね、それでも私は嬉しかったし一応やる事はやっているので義理ではないバレンタインチョコにカウントさせて頂きます、これに関してはとてもじゃないが異論は認めたくない。

本命を狙うから悲しくなる

私のようなオッサン年齢になってくるとバレンタインの本命チョコってやつは基本的に皆無になります。

良くても少し高そうな義理チョコ、そうして頂いだ義理チョコを本命チョコのように舐めまして頂きますよ?それがキモイとは全く思いませんね、キットカット一つとかじゃない限りはある種の妄想を膨らませて舐め食いします。

若い人はバレンタイン本命チョコを貰えるように頑張って下さい、オッサンは本命を狙うとか考えずに義理チョコを最大限に狙いましょう。

そのようにして頂いた義理チョコは彼女が居ようが妻が居ようが必ずあなたの人生における糧となるし、パートナーが存在しない人は必至になるべきである。

実は義理チョコゲットも難しい

大きな会社とかの女性社員さんがいる場所にお勤めの方は義理でもチョコをゲットしやすい環境にありますよね。

ではそうではない人、例えば人数の少ない零細企業で女性がいない場合…

社内からのゲットは不可能です。

そうするとどうやって義理チョコを貰うのか… これはもう近所の仲が良いオバチャンとかスナックとかになってしまいます。

それだってただ待っているだけでは貰えません、少なくとも2月に入ったらバレンタインネタを話しておく必要があり、私で言えば恥も外聞もなく

「バレンタインに一個ちょうだいよw」

と少し強めに主張しておきます。

それである年のバレンタインに一個でも義理チョコを貰うことが出来れば、毎年バレンタインに義理チョコが一つ貰えるようになる可能性が高まる。

テレビのような大メディアは義理チョコを見下し、かつ簡単に貰えるような感じにしているんだけどさ、実は義理チョコを貰うのも簡単じゃないんだぜ..!と言いたいです。

今年のバレンタインもサプライズチョコ貰いに行こうか迷う

サプライズチョコを貰いにいくって時点で全然サプライズじゃないのは分かっています。

それでもバレンタインチョコレート×1には変わりがないし、値段だって義理的な価格ではない。分からないけど500円以上はするものです。

でも母ちゃん以外からの「確実な一個」はキープしておきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました