HGブグは硬派なガンプラ

シェアする

何か新しいガンプラを作りたいな…と思っていた時に心を奪われたガンプラがあります。

それがツイッターで私がフォローをしているヅラコフ氏が制作したHGブグ、機動戦士ガンダムTHE ORIGNでランバ・ラルが操縦するモビルスーツです。

ランバ・ラルのパーソナルカラー「青」がとても素晴らしく、モビルスーツも硬派な印象を与える漢らしいフォルム、ズラコフ氏制作のブグを見た瞬間に買うと決めました。

そんなHGブグが老眼との格闘の末に完成しました。

買ってみようかな?と考えている方は参考にどうぞ。

MS-04 BUGU (RAMBA RAL)  HG 1/144ブグ (ランバ・ラル機)

スポンサーリンク

HGブグ制作開始

最近のガンプラはHGでも満足度の高い設計となっている事をHGUCグフカスタムを制作した時に知りました。

HGUCグフカスタムの制作はコチラ

今更だけどHGUCグフカスタムはイケメンだった。
今までの私には「ガンプラ作るならMGである」という誰に強制されたわけでもないマイルールが存在していました。 でも何となく、いやホント何も考えずにHGUCのグフカスタムを買ってみたんですよ。 ...

HGグフも最近のガンプラなので期待して箱を開けてみるとやはりパーツが多い…

老眼者にガンプラ制作はちょっとキツイ作業ですが、気合で乗り切りましょう!

私は説明書通りに進めないと完成できないレベルなので順を追って作ります。

最初に作る箇所はボディ

MGガンプラのようにコックピットが開くような構造ではありませんが、肩が前後に稼働するギミックが組み込まれているという凝った仕様です。

さらにモノアイもMGガンプラのように首振りで稼働する… これは興奮しますねぇ!!!

頭部の墨入れしてくれと言わんばかりのラインがあります。

胸からバックパックにかけての動力パイプもやる気にさせるデザイン、この時点で硬派で無骨な完成予想フォルムが脳を刺激します!

腰部も墨入れ箇所がたっぷりと用意されている嬉しい仕様、凄いモデラーさんは自分でスジ堀りしながらディティールアップを行うようですが、老眼のオッサンで初心者レベルの腕前ではそんな事は出来ません。

HGブグは初心者を満足させるガンプラかもしれませんね。

一番苦労したのが腕。

ゲート処理が上手に出来ませんでした… っていつも適当。

しかもHGブグは装甲部のパーツが硬くランナーとのつなぎ目も太いものが多いのです。

デザインカッターで丁寧に削ってカンナ削り仕上げをするのですがオッサンには厳しいゲート処理です。

これはヤスリで綺麗にするべきなんでしょうね、しかしそうなると塗装する必要が出てきます… 私には塗装技術もエアブラシも無いのでデザインナイフ一本で頑張りました。

装甲パーツは硬いプラスチックなのに足の裏のパーツは軟らかいのがHGブグ、

そして軟らかいという事はデザインナイフでカンナ削りを行うと波打ちしてガリガリになります。

結局は爪で永遠にコリコリして目立たなくしましたが歪みました…

太股とふくらはぎの動力パイプが貧相です。

まあHGなのでこの辺は仕方ないですね、しかしそれを補うかのような豊富な墨入れ箇所。よく考えてますね~!さすがです!

そして素組が完成

HGなのにコノ威圧感…

こんなモビルスーツに睨まれたらたまったもんじゃありませんな。

墨入れ

HGブグの魅力は豊富な墨入れ箇所ではないかと思うのです。

私は初心者でも簡単に墨入れが出来るガンダムマーカーを使っています。

「チョット塗りたい…」なんて場合は油性マジックを使ったり水性のポスカサインペンを使ったりするといういい加減な色塗り… まあ味わいがあると思ってやって下さい。

ガンプラ冒険家としてのレベルはそこそこになったと思ってますが、モデラーとしてのレベルは最低かもしれませんね。

それでも必死に老眼と格闘しながら墨入れしました。

モビルスーツ感が出てきましたね!

老眼でオッサンでガンプラ作りが下手な私でも時間をかければここまで出来るぞって事でガンプラはやっぱりスゲーヤツです。

しかしまだこれでお終いではありません、

「まだだ、まだ終わらんよ」という事ですね。

一応書きますが、つや消しトップコートを吹くとよりリアルな雰囲気になるって事です。これについてはもはや語るまい。

つや消しトップコートで仕上げ

付属のシールを貼り付け、墨入れ忘れ箇所を確認したらつや消しを吹きます。

これが私のガンプラ制作における最大の難所… いつも吹きすぎて失敗します。

やっぱり吹き溜まりが出来てしまったり墨入れが滲んだりと成功したことがありません。

しかしそれをカバーするブグのかっこよさ!!!

…モビルスーツは完成しました。

装備品も揃っています。

..

.

感謝する、

あとは行くのみ!!!