英雄のここがいやだ

シェアする

放置していたMGZZガンダム、このブログを始めたおかげで五年越しに完成しました。

まだデカールやつや消し吹いていませんが、今年中にはそれも終わります。

私は今まで数体のMGガンプラを作ってきました。

その中でも最も手を焼いたのがMGZZガンダム… その理由はこちら
https://gundamoon.com/zz-gundam/

もうビスを使用するガンプラは作りたくないですし、完全に老眼になってしまったのでMGはもう無理かもしれません。

スポンサーリンク

完成した姿を見るとMGは良い

老眼だのパーツが多いだの文句を垂れましたが、やはり完成したMGは迫力があります。

しかし変形ガンプラはパーツ数がとても多いのが難点… 凄い作品を作るようなモデラーさんにとってはこのような素組など簡単な事なのかもしれません。

それにしてもこのMGZZガンダム、4000円という定価はプラモデルの価格的に色々考えてみると子供向けでない事は確実です。

普通の人がMGZZガンダムを一から作るとすれば、ビスで挫折しなくても最低一週間以上はかかると思います。 初めての人だったら二週間以上は見たほうが良いかも…

まあ私は塗装しないくせにゲート処理にこだわってしまうのも制作が遅い要因です。

そんな苦労して挫折して再び奮起して完成したZZガンダム… ハッキリ言って

後姿がかっこ悪いです。

入学したての小学一年生状態

これは作る前から分かっていた事とは言ってもですね、いくらなんでもランドセルが大きすぎるのです。

そのカッコ悪さをご確認下さい。

まるで小学校に入学したての新一年生が大きなランドセルを一生懸命に背負ってる雰囲気しかしません。

やはりモビルスーツのランドセルは腰より上の位置までが理想でしょう、しかもこのランドセル… 作るのが結構大変なんです。

私はパーツのはめ込み方を間違えてプラスチックが少し広がってしまいました。

あとは行くのみ!

これだけの期間と労力を注いだMGZZガンダム、

変形モビルスーツ故、とてもパーツが取れやすくて細かくて折れやすくて… ってガンプラ冒険にはあまりにも不適合なモビルスーツです。 とてもじゃないけどまともな作戦が可能とは思えません。

しかしですね、ここで作戦を行わなければ私はただの素人ガンプラ製作者に終わってしまうのです。 それではガンプラ冒険家としては不合格ですよね。

コイツを作戦に参加させるという事、それは敵の攻撃を受けまくって機体に損傷を受けてやられまくるのは明白です。

実はブログではそのような作戦の暗い部分は語りませんでしたが、ガンダム及びZガンダムは激しい作戦により修復困難なほど敵の攻撃を受けて重要なパーツがやられました。

彼らの勇姿はこちらをご確認してください。

西伊豆の松崎にある西伊豆松崎伊東園ホテルを少しだけ攻略してきました。 この西伊豆松崎伊東園ホテル、20年ほど前に一度訪れた事があり当時はプリンスホテルで夏のハイシーズンはかなりの料金だったように...
新宿区おとめ山公園のホタルゾーンを攻略してきました。 おとめ山公園といえばこの蛍ゾーンが有名で蛍の飼育所があります、というより「蛍」というキーワードがおとめ山公園そのもので公園が拡張されるまでの...
今回ZZガンダムが完成したので彼らの修復を試みようと考えておりますが、もう元の姿にはもどれないかもしれません…

しかし彼らは私のブログで生き続けるのであって、

決して忘れられる存在ではないのです!

そこにはいつまでも自信に満ち溢れた英雄達がいるのです!!!

これからZZガンダムは最後の調整に入ろうとしております。

調整が終わったその時、ZZガンダムもまた英雄への扉を開くことでしょう。

スポンサーリンク

シェアする