MGZガンダム&MG百式、修復完了記念作戦

シェアする

京浜工業地帯の日本触媒千鳥工場周辺の続きになります。

前回の作戦レポートはこちら
https://gundamoon.com/factory-night-view/

工場夜景、それも深夜の京浜工業地帯はガンプラの撮影に適している事が十分にお分かり頂けたと思います。

私としてはガンダムの宇宙世紀に拘っている部分がどうしても多く、ガンプラも宇宙世紀シリーズしかありませんが他シリーズのガンダムでも工場夜景との相性は絶対に良いはずです。

きっとガンダム・バルバトスルプスなんかも似合うはず…

もちろんガンプラを持ち込まなくても京浜工場地帯の夜景は素晴らしい雰囲気です。深夜のドライブデートで少し変わった夜景なんてのにもお勧めです。

スポンサーリンク

修復モビルスーツ

ガンプラの屋外撮影は室内とは違ってとても神経をつかいます。

「地面に落とす」「風で倒れる」「パーツが無くなる」等のアクシデントが常にある事は勿論、他人に見られれば恥ずかしい思いをすること必死の行為、しかも自分が一生懸命に作成したガンプラです。

大切に扱ってはいるものの、どうしても破損は避けられません。

そんな厳しい作戦で破損してしまったZガンダムと百式の修復が終わったとなれば新たな任務を与えるしかありませんな。

こちらのMG百式は二度も地面に落下して大破した機体です。

MG百式は膝関節部のポリキャップが差込式になっている為、膝下を持った状態で上半身のバランスが崩れると一気に関節が抜けて落下します。

金メッキのとても美しい機体だってのに数々の作戦で被弾、装甲は傷だらけとなっています。

だがそれがいい、その傷がいい。

MGZガンダムは作戦中、変形を試みてる最中に人に見られて焦って破損、そのまま小川に落下して流されました。

修復作業では瞬間接着剤でガチガチに固めてしまったので今後の変形は不可能です。

それでもここまで作戦に復帰可能となった勇姿をみたら感動で涙が…

泣いているとカミーユに修正されそうですな。

セロテープ剥がし忘れた

関節が折れている箇所が多々あるために接着剤とセロテープで固定したままだったのを忘れて作戦投入、現場でセロテープを剥がすと取り返しのつかない事になりかねません。

ちなみに完全にパーツが無くなって被弾した箇所はグルーガンで固着させております。

百式は後ろ姿がとても素晴らしいモビルスーツ、飛行している感が漂ってきますね~!

ただZガンダムだって負けちゃいませんよ!

Zガンダムも多少セロテープが残ってますが分かりにくいので良しとします。

出来れば変形させて百式を乗っけた作戦をしたかったなぁ…

この百式とZガンダムのツーショットはぐっとくるものがありますね、両方ともボロボロのガンプラですが、それは作戦をこなしてきた証そのものですし自分で作ったガンプラには愛着があるってもんです。

完全に大破するまでは修復しながら付き合っていくつもりです。

…いつかキュベレイとジ・Oも揃えて作戦をしたいですな!

スポンサーリンク

シェアする

     

コメント

  1. ししまる より:

    こんばんは 
    ししまる(ガンプラ プラネット)です。

    屋外でのガンプラ達の活躍、記事を読んでいてとても楽しいです!
    日々過酷なミッションで傷ついたガンプラ達が更にカッコいいですね。

    ガンプラのサイトは私も含めてレビューサイトが多い中、ガンプラを外に持ち出して遊ぶというのがとても斬新だと思いました。
    次の作戦も楽しみです。

    • ガンダムーン より:

      コメントありがとうございます。
      私のガンプラ制作技術でレビューブログを作っても誰も見てくれないでしょうwww

      ガンプラを屋外に持ちだして遊ぶ行為は少年時代もやっていた事ですが、それは殆どガンプラの破壊行為でした。

      オッサンになった今、少年時代とは違ったガンプラ外遊びが出来るかな?なんて思っています。