ニュータイプ論と唯心論

シェアする

中野区にある哲学堂公園を攻略してきました。

1904年から建設が始まった哲学堂、相当量のウンチクがある施設でしてネットで検索すると全部読むのが嫌になってくるほどの情報がある公園というか施設というかの場所になります。

簡単にいってしまえば精神や哲学の勉強をする場所という事になっています。

しかも中野区有形文化財に指定されているとなれば、それはもう人格者が集まるイメージが先行しますが、地元といっても過言でない私にすればそのイメージはだいぶ違います。

確かに明治時代から続くそういう文化のある施設であることは間違いありませんが実際に哲学堂という言葉を使えば野球、弓道場、テニス、弓道、ジョギングといったスポーツ関連の人で賑わう場所が現実です。

またすぐ近くには妙正寺川公園運動広場があり、ここもサッカー、野球、ゲートボール、他にもすぐ近くの新宿区立西落合公園少年野球場・庭球場では野球、テニス、ジョギング…

ほんの少し歩けばアリススポーツクラブといった施設ではプールがあります。

…そうなんです、ネット情報の哲学堂イメージと現実の哲学堂イメージはかなり異なり、スポーツ関連が盛んな地域というのが現実です。

この辺がネット上にある哲学堂のイメージと違うところでして、そういったスポーツ充実地域の次に桜のお花見、近くの動物霊園、幽霊の像… そして最後に哲学とか精神といったイメージが正解でしょう。

まあネットに地域情報をあげるとなると何らかのウンチクが必要であるとは思いますが、私としては実際に自分が現地で感じる現場感のほうがSNSが主流である今のネット時代に合っていると思うので哲学堂についてのウンチクはおもいっきり省きました。

…とは言っても元来全然詳しくないけど。

ちなみに哲学堂に行くと哲学的、精神的な雰囲気の人がウロウロしているというわけではありません。

スポーツな雰囲気の人が圧倒的に多いですし、とくに夜はジョギングする人が多すぎ。

極まれにガンプラを持ったオッサンがいますが、そっとしておいてあげましょう。

住所 : 東京都中野区松が丘1−34

スポンサーリンク

哲学堂公園の巡回開始

今回はいつもの冒険方式とは違い、百式さんの活動をメインにした番外編になります。

なぜ百式?と聞かれれば、それは金色のモビルスーツ=金閣寺=「和」= 厳格なイメージ といった私の根拠の無い連想でして哲学堂…だったら百式でしょう! 

…それだけです。

それでは百式さんの活動に迫ってみましょう。

tetsugakudou1

どうやら百式さんは新井薬師公園同様に哲学堂公園も守っているようです。きっと中野区担当なんでしょうね。

メインゲート周辺にはスポーツをやる人が行き来していますが百式さんはお構いなしに巡回を続けるようです。さすが威厳がありますね、きっと名家の出身なんでしょう。

tetsugakudou2

中もきっちり巡回するようです。

百式さんによるとこの門は哲理門といい、古い門との事です。

門の左右に幽霊の像と天狗みたいな像がありまして、幽霊の像はこちらを睨んでいるような鋭い眼光です。じっと見つめるとやばそうなので門をくぐって百式さんの後に続きます。

tetsugakudou3

哲理門をくぐるとちょっとした広場にでました。

あちこちに貴重な古い建物があるので少し興奮しますね、百式さんもこういった物を守ってるんでしょうな。

それにしても百式さんがさっきから独り言をぶつぶつ言ってます。何かの格言なのでしょうか…

tetsugakudou4

六角形の建物である六賢台、何をする場所なのか知りませんがこの赤色は中々良いですね。

百式さんもこの色については色々と思い入れがあるようです。

反対側を見渡すと面白い建物がありますな、ちょっと案内してもらいましょう。

tetsugakudou5

この古い建物、宇宙館と名前が付けれれています。

イヤイヤ、ちょっと待って、こんな古い建物で宇宙って… それに中は畳がしいてあるし…

百式さんによれば哲学とかが宇宙の真理について研究みたいな事を言ってます。おお、ちょっとニュータイプ論みたいな感じがしてきましたね!

百式さんと中に入ってみると、施設の人がいたので焦って逃げました。

それにしても百式さん、ここへきてイキナリの独身宣言です。いったい彼の人生に何があったのでしょうか… 百式さんの生い立ちがとても気になりますね、名家の出身だけど過去に何かが起きたのでしょう。

また「私はザビ家とは関係ない」という発言もザビ家と何かあった事を匂わせます。故ガルマ・ザビなら何か知っていたかもしれませんね。

絶対城とニュータイプ論

一応、百式さんのパトロールに付き合っている形ですが、ガンプラ冒険家の目線でみると哲学堂公園にある絶対城はかなり興味がある内容となっております。

tetsugakudou6

ちょっとパトロールを休憩する百式さん、ここは絶対城という名の施設で図書館目的だったとの事。

なんでも「万巻の書物を読みつくすことは絶対の妙境に到達する道程であって、哲学界の万象はこの読書室にありとしてこの名がある」という事から絶対城という名前なんですって… 

ちょっと意味が分かりません、そもそも妙境(みょうきょう)が分からないのでネットで検索をすると…

  • 景色などのすぐれた土地
  • 芸術・技芸などのきわめてすぐれた境地
  • 学問・技芸などの絶妙の境地
  • 悟りを得た境地

まあこんなところだと思います、そしてやっぱり良く分かりません。万巻の書物とは沢山の書物のことらしい…

分からないでは仕方が無いので私が勝手にガンダム風に解釈するとニュータイプになるためには万巻の書物を読みまくれという事でしょうか、かなり難しいです。

しかしながら、絶対城の名前由来からして絶対の妙境に到達した人からのアドバイス的な内容となっている事を考えれば、ニュータイプが普通の人にニュータイプになる道筋を説いてるような雰囲気もします。

私は哲学堂の中で最もガンダムに近い感覚がこの絶対城ではないかと感じました。

百式さんが「この哲学堂の刻の果てまで、共に行こうか、オッサン。」と言うのでついていきます。

tetsugakudou7

ちょっとめんどくさくなってきたのでこのエリアの哲学的要素がもっと気になる人はグーグルに聞いて下さい。

この急勾配な石畳階段を下りるとそこには百式さんの言う刻の果てがありました。

tetsugakudou8

ここは唯心底という名前の小池みたいな場所なんですか、やはり哲学堂公園です… しっかりとウンチクがありまして、百式さんによると唯心論についての場所という事、ハイ、またでましたよ、哲学的な言葉「唯心論」、いよいよ難しくなってきましたね。

私が今まで生きてきた中で聞いたことのない唯心論(ゆいしんろん)をネットで検索してみるとですね、まあ色々と出てきます。

大まかな内容は「世界の本質と根源を精神的なものに求め、物質的なものはその現象ないし仮象と見なす形而上学的、世界観的な立場」となっておりますね。

相変わらず哲学堂公園節炸裂しております、イチイチ色々と考えさせようとしてくる公園じゃないですか。こんなんばっかじゃ百式さんも独り言増えるわけだ。

私なりにネット検索で得た解釈だと心と体は別もんだよ!ってな考え方が最初にあり、心をメインとするのが唯心論、体(物質)をメインとするのが唯物論という存在で合ってると思います。

そんな唯心論の本質は「物質的なものなんか心があってこそだから!心が先で物質が後なんだよ!つか心しかねーんだわ!」みたいな感じが私の解釈です。

これ、ガンダムの世界観で言えばユニコーンガンダム最終回でバナージ君やフルフロンタルの周りを飛び回る暖かい光状態のサイコ的残留思念なシャア、ララア、マリーダさん、アムロ…

あれが唯論でいうところのみたいな感じの解釈をしてみました。まあ強引にガンダムの世界感に絡ませてるだけとも言えます。

多分だけど、これは映画マトリックスのほうが分かりやすくて、主人公のネオは唯心論と唯物論のダブル持ち能力者、敵のエージェントスミスは唯心論寄り、ネオの味方のモーフィアスやトリニティーは唯物論寄り… こんな感じのほうがわかり易いと思います。

私のせいでより分かりにくくなったとすればゴメンナサイ、全て忘れてガンプラ冒険をしましょう。

tetsugakudou9

百式さんによると、この池エリアはつつじ園というエリアとなっており、哲学堂的なウンチクはもう無いとの事… ああ、やっと哲学から開放されます。

でも百式さんは「まだだ、まだ終わらんよ」と言ってるじゃないですかぁ… もう哲学堂公園はお腹いっぱいになりつつあるんだけど。

という事で次の記事も百式さんに付き合うことになりました。
https://gundamoon.com/hyakusiki/

スポンサーリンク

シェアする