【初心者自作】HGUCシナンジュにLEDを付ける方法

シェアする

HGUC 1/144 シナンジュの頭部にLEDユニットを仕込みました。

ガンプラのLEDユニットは単品販売されているとはいっても1/100 MGサイズのガンプラ用が多いです。それを頭部に仕込んでモノアイ等を発光させるとなれば市販品ではなく、LEDユニットの自作を行う必要があります。

という事でHGUCシナンジュの頭部にLEDを仕込んでモノアイを発光させましたので参考にどうぞ。

因みに使用するLEDは3mmでもギリギリのサイズで内部パーツを削りまくらないと入りません。

腕の良いモデラーさんは光ファイバーを通して発光させたほうが簡単だと思います。

初心者向け自作LEDユニットの作り方はコチラ

ガンプラ改造の一つでLEDを仕込んでモノアイ等を発光させる、バーニアを発行させる...のようなカスタムがあります。 通常は室内で照明を当ててのガンプラ撮影が基本でしょう、 野外でのガンプラ...
スポンサーリンク

HGUCシナンジュの頭をバラす

シナンジュはHGUCとはいっても頭部に細かいパーツを使用しています。

これで首の動きに連動してモノアイが動くようなシステムだと3mmLEDは入らないでしょう…って素組ではモノアイはチラ見程度なので簡単だろ!… と思っていました。

HGUCシナンジュ頭

ジオンな雰囲気なのに顔はガンダムのような感じがします。

ではコイツの頭をばらしてみましょう

HGUCシナンジュ頭

内部はこんな感じになっており、小さいポッチのようなシールがモノアイ部になります。

のモノアイシールと3mm LEDを比べるとこんな感じです。

ガンプラ3mm LED

明らかにLEDが大きすぎます。

という事で内部の連結パーツを削りまくってLEDが入るスペースを確保しなけれなりません。

内部パーツを大胆に削る

始めは様子を見ながら少しずつ内部パーツを削っていきましたが、3mm LEDが大きすぎてチマチマやっていたら入りません。

ということでこんな感じで大胆に削り取りました。

HGUCシナンジュ頭部LED

最低限の外装パーツ接続ポイントを残して大幅カットです。

内部パーツがここまで出来たらハメて発光テスト… が、LEDをそのままハメてしまうと光が漏れてしまうのでLEDの余計な部分を塗りつぶしてモノアイ周辺だけ発光するようにします。

ガンプラLED塗りつぶし

こんな感じで発光させながら塗りつぶすといい感じに調整ができます。

実際はもっと厚塗りして発光が拡散しないようにしたほうが良いです。

HGUCシナンジュ頭部に3mm LEDを組み込む

3mm LEDなのに設置スペースが無さすぎる…

ということで外装パーツもゴリコリと削って削ぎ落していきます。もう後には戻れませんね、絶対に組み込んでやる!という気合が一番大切です。

HGUCシナンジュ頭LED

HGUCシナンジュ頭部LED組み込み

こんな感じでLEDをはめ込みます。

余分なスペースは一切無し!

HGUCシナンジュLED

外装パーツをはめて取りあえずの完成… のはずが、ここからが長かった!

LED配線処理プラン失敗

HGサイズ(1/144)のガンプラはですね、基本的に余分なスペースが殆どありません。

よってこのような状態で本体との接続は不可能…

「これじゃ絶対に入らない」

この時点で薄々気が付いていました…

という事でCRDは別の場所に設置するプランに変更、LEDの線を短くカットして電源コードをはんだ付けしてみる。

HGUCシナンジュ頭部LED配線

これならイケる!

ってなわけで本体に接続してLEDシナンジュを味わってやるのです!

HGUCシナンジュLED配線

一応設置は可能…

しかしこれはクビが全く動かない、完全に固定状態になってしまいます。加えて電源コードが太すぎて堅いので配線処理がどうにもなりません。つまりこれじゃ全然ダメ、失敗!

HGサイズのLED配線は細い電源コードが必須!

ガンプラのLEDカスタムに向けて用意した電源コード、買った時にチョット太いなぁ…と思いながらも購入したのが悪かったようです。やっぱり太かった。

ということで細い電源コードを用意…ってこれが普通のホームセンターなんかじゃ売ってないんですよね、秋葉原に行くのも面倒なので近くの模型屋さんに立ち寄った時に100円で分けてもらいました。

ガンプラLED用電源コード

青いコードが用意したものです。

模型の電装用コードということで細く、しなやかに曲がります。

ってなわけで細い電源コードに付け替えて設置してみる。

HGUCシナンジュLED配線

HGUCシナンジュLED配線

…やっとだ、

やっと首が動くようになってしかも3mm LEDを頭に仕込んだHGUCシナンジュの完成系が見えてきた瞬間! 初心者の私には分からないことだらけで厳しい作業ばかりでした。

HGUCシナンジュ 3mm LEDモノアイ完成!

機体内部への配線処理や電源ボックスは後回しにして取りあえず完成系が見たい!

という事で後ろ姿はこんな感じ…

HGUCシナンジュLED配線後ろ

電源コードが向き出し…

腕の良いモデラーさんは電装の配線処理までも考えて本体内部パーツを改造するのでしょう、素晴らしい作品をツイッターで見ると本当に感動します。

そして私の完成系がコチラ…!

HGUCシナンジュLEDモノアイ

HGUCシナンジュLEDモノアイ

HGUCサイズのガンプラにLEDを仕込むのは初心者にはけっこう厳しい作業… でも老眼オッサンの私でもここまで出来ました。

つまり「やってみる価値はありますぜ…!」ってやつです。

LED発光における外部電源BOXも少々面倒ですが簡単に誰でもできるアイディアを思いついて作りました

ガンプラLED用の簡易的なコイン電池BOXを作りました。 ガンプラ用の3mmサイズLEDユニット作りはとても簡単、難しいのがHGサイズ(1/144)の頭部への組み込みです。 それと...
スポンサーリンク

シェアする