深夜の西新宿超高層ビル群をザクと自転車で巡る

シェアする

西新宿にある超高層ビル群を自転車で攻略してきました。

深夜に西新宿の超高層ビル群を訪れるのはこれで2回目、かなり広いエリアになるので徒歩で練り歩くにはちょっと大変な地域になります。

昼間はビジネスマンが練り歩くこの地も夜になれば、それも深夜となれば昼間とは全く違う顔を見せるもの…それは前回の作戦でも感じていた事でありガンプラをカッコよく撮影するポイントは沢山あります。

西新宿超高層ビル群の初陣はコチラ

深夜の東京都庁周辺をウロウロしてきました。 小池都知事になってから何かと話題の都議会とか都政とか... ニュースなんかで見てると都政について今起きてることは様々な意見があり、馬鹿な私だって...

初陣では細かい場所まで回りきれなかったのを今回の作戦で補う意味もあっての再攻略になります。

…いや、正直に言うと最近仕事でキツイ状態が続いておりましてそれをはてなブログでぶちまけたところ運動しまくるのが精神的に良さそうな感じとのコメントを頂けたので自転車に乗りまくってみる、ついでにガンプラも持って行く…という訳です。

スポンサーリンク

ザクと共に攻略開始

やっぱり何だかんだ言っても私の相棒はザクです。

過去の作戦においてもザクとは何度もキツイシーンを乗り越えてきました。やっぱりガンプラはザクがいい、ザクほど人の心を掴んで離さないガンプラは無いでしょう。

新宿ザク

新宿駅にほど近い裏路地の飲み屋街から作戦開始になります。

すでにここまで来るのに自転車で体力を消耗してしまっている私、しかも電動アシスト自転車だというのに… まあイイのです、初めから無茶な運動は良くないとダメな自分に色々と言い聞かせる事も大切です。

時刻は深夜0:30ぐらいでしょうか、新宿の街が私とザクを優しく包み込んでいきます。

新宿ザク

ツイッターにも上げたこの画像、西新宿の超高層ビル群が綺麗に見える素晴らしい場所なのですが、ここってお墓の目の前なんですなぁ… 作戦画像をバシャバシャと撮りまくった後に気がつきました。

場所を確認するとココ

新宿のこんな場所に墓地があるとは…ですね、

深夜の墓地前でガンプラの写真なんか撮りまくってしまう私はやっぱり精神的に病んでいる可能性が高いとも言えます。しかしそんな事を嘆いても事態は何も変わりません、ザクと共に進むのみ…!

静かな雑音が聞こえる街

終電が終わった深夜の西新宿は本当に静かな街、その静けさもをも雑音に感じてしまうぐらいコノ街の超高層ビル群は訪れる者を圧倒します。

自転車を乗り回しての運動で訪れた私、気が付いた時には美しいザクの写真撮影に夢中になってしまいました…

新宿ザク

新宿ザク

深夜の超高層ビル群で独りぼっちの自分…このような深夜の静寂を怖いと感じる人もいるでしょうし、ナルシストと呼ぶ人もいるでしょう。以前はつまらない場所だな…と思っていましたが今の私にはとても心地よい空間に見える。

深夜の都庁を味わう

深夜の都庁周辺を歩く人間はごくわずか、私のようにガンプラを持ち込んで撮影しまくるオッサンもいれば歩きスマホなどせずにブラブラと歩く謎の美人、とても険しい表情の白人、ダンボールで暮らしているであろうオジサン…

時間が止まってる、世の中の経済活動が停止しているかのような空間がココにはあります。少なくとも明日が訪れるような雰囲気ではない、それでも明日はやってくる…不思議な街です。

新宿ザク

新宿ザク

新宿ザク

この場所でひたすらザクの撮影をしまくっていた私に話しかけてきた多分美女がいる。

人通りの全くなく都庁前でガンプラの写真を撮り続けていた私を向かいのホテルから見ていたようだ。

彼女は私がココで何をしているか?といった基本的な質問を全くしない。話かけてくる内容は「静かですね…」「綺麗ですね…」といったコノ空間コノ街の今を表す言葉のみだった。

暗いけどかなりの美女っぽかったので心なしか下半身を反応させつつ連絡先を聞きたがったがムダにカッコつけてしまいその場でお別れだった。この記事を書いている今、私はとても後悔している。

さあ、前々から気になっていた場所にも行ってみよう。

新宿ザク

東京都の最高決定機関の膝元に見る社会の歪み

彼らはいつぐらいから住みついているのだろうか、都庁のガード下には超高層ビルが立ち並ぶこの街とは対照的な場所があるのをご存じだろうか?

その日その日を手探りで生きる人々、それは恐らく明日になっても手さぐりで生きる方法は変わらないだろう人々、朝起きて何かをやって同じ場所で夜に眠るであろう人々がいる場所だ。

新宿ザク

新宿ザク

昔はこういった場所が都内に沢山あった。ちょっと大きな駅なら大体このような場所があったんだ。

とくに私が幼少の頃は手や足が無い人がこのような雰囲気でガード下に座り込んでお金を貰っていた光景は今でも覚えている。

今の東京ではそのような手や足のない人が物乞いをするようなシーンは全くと言っていいほど見なくなった。確かに当時の彼らの年齢を考えればこの世に存在しているわけがないだろう。

今の子供たちは現実として存在するこの光景を見た事があるのだろうか?これは紛れもなく2017年11月末の写真なんだ。そしてコノ場所は都庁の真下だ。

ガンプラの撮影しておきながら言うのもなんだが面白半分で深夜にこの場所を訪れてはいけない。私だってもしかすると来年の今頃はそこにいるかもしれない、でもそんなのは絶対に嫌だ。

何があっても人生を巻き返してやる。

コメント

  1. ガンダムーン より:

    ししまるさんへ
    仕事がキツくて泣きそう、もう無茶な遊びをして現実逃避するしかありませんw

    このブログもPVそんなにありませんが、SSLしてhttpsにしたら検索順位の底上げがかなりありましてPVも上がってきました。
    ししまるさんのガンプラプラネットを見るとSSLされていないのでその辺を弄ってみると効果アリかもしれないです。ししまるさんのサーバーがXサーバーならリダイレクトや記事の画像や細かい部分まで自動でやってくれるので楽ちんですよ。

  2. ガンプラ冒険、こういう遊びをしていなかったら行かなかった場所なども、もしかしたらあるかもしれないですね。
    夜中に出歩く事自体、自分の場合は少ないですが、普段見ない景色や出来事がありそうで面白いかもしれないと思いました。
    仕事の方がキツイ所もあるんですね、何事も浮き沈みがあるのでこの先どうなるか分からないですが、良い事もあると良いですよね。
    最近私も自分のサイトのアクセスが減ってきていて結構凹み気味ですw