【深夜】雨の西麻布をザクが行く

シェアする

港区の西麻布を攻略してきました。

芸能人が出没したりオシャレな飲食店があったり大使館があたりと有名な西麻生、深夜に冒険する事に。

私と西麻布の繋がりは人生で極わずかでして、仕事で取引先に向かうため外苑西通りを走るのみ、つまり西麻布を歩いた事がありません。しかも昼間のみ。

そんな西麻布の土地とかをネットで見ると、坪400万とか600万とか訳の分からない状態になっています。かなりバラつきがあるものの、庶民が住める場所でない事だけは確実です。

という事は深夜の西麻布は高級外車だらけなんだろう… と思っていたのですが、実際はタクシーだらけでした。

大人な空間が広がる超高級地域の西麻布で遊ぶ場合は、それなりにキレイな服装が良いと思います。

ちなみに私がこよなく愛するクロックスのサンダルを履いてゆくことはお勧めしません、私のようにくたびれたサンダル的なもので訪れると軽視されてるような目線を感じる可能性が高いです。

スポンサーリンク

西麻布の調査開始

そもそもですが、なぜ西麻布でガンプラ作戦をしようと思ったのか?

これに答えられなければガンプラ冒険家と呼べないと思います… 、これは正直に答えなければならない。

経緯はかなり複雑で忘れた部分も多々ありますが、youtubeでガンダム関連の動画を見る→ちょっと初代ガンダムやZガンダムの台詞が気になる→当時の感覚が少し蘇り、BOOWYとかyoutubeで検索してしまう→気がついた時にはとんねるずの雨の西麻布を口ずさんでいる。

こういう経緯により西麻布に行くしかありませんでした。

更に行くのであれば夜に雨でふってる状態でなければならないといった謎のマイルールもあり、雨天で予定のない休日の深夜を待って西麻布作戦を行いました。

もしかしたら同じ思考回路のガンプラ冒険家がいるかもしれませんので、結論を先に言ってしまえば雨がふってる必要性は全くありません。

更に正直に答えれば、ギレン・ザビの演説にあるという言葉を言いたくて長々と文字を書きました、ごめんなさい。

それでは雨の西麻布とガンプラのコラボ画像をどうぞ。

nishiazabu1

良く分からないけど異常なほどオシャレな建物がありました。

何屋さんなのか全く知りませんが、ここで撮影ミッションを行わなければならないような気がします。

周囲にはタクシーに乗り込むオシャレな人やタクシーから降りるオシャレな人しかいません。

つまりオシャレな人ばかりの状態で原付スクーターに跨るカッパを着たオッサンほどキツイ状態はありませんよ…

さらに手にはガンプラです、完全に間違えちゃった系です。場違い感が凄すぎるので少し移動します。

nishiazabu2

西麻布の交差点から少し離れた場所にアパホテルがありました。

実際にアパホテルに宿泊したことはありませんが、少しだけ庶民感があります。

この地域におけるガンプラ冒険家の安住ポイントはここしかないでしょう、大使館方面とかちょっと無理すぎる。

しかしアパホテル西麻布の宿泊料をHPで確認するとシングル18000円~となっている…

ヒェェ… 全然安住じゃないじゃん、無知すぎるオッサンです。

でも雨の西麻布ではココしかないと思っていたので作戦実行です。

nishiazabu3

アパホテルの直ぐ横にオシャレにライトアップされたポイントがありました。

ここがアパホテルの施設なのか何だか分かりませんが、ザク設置撮影ミッションが出来る場所はココしか無さそうなので贅沢を言ってられません。数少ないチャンスをものにした一瞬です。

…で、この時の時刻はPM23:30を過ぎていたと思うのですが、マラソンしてる人がけっこういるんですよね、しかも雨降ってんのに。

それで立ち止まりランニング状態で私とザクを見るんですよね…

立ち止まりランニング状態とは、マラソンしてる人が信号待ち状態におけるその場ランニングするようなアレです。そういうのは信号待ちのみでやって欲しいもんです。

健康的な西麻布ランニングマンとガンプラ作戦のオッサンでは、語らずとも社会的地位の差は歴然、

せっかく安住の地だと思ってたのにココも無理です。西麻布はガンプラを受け入れてくれないように思います。

外苑西通りは無理すぎるので裏道に潜入してみましょう。

nishiazabu4

裏路地は人が全然いません、というより私しかいません。

基本的にはタクシーが行き来するのみの状態で、作戦し放題な環境ではありますが面白みがありません。

やはり更なる冒険が必要ですが、当初考えていた大使館方面は無理すぎる… という事で私のようなガンプラオッサンが接近してはいけないアノ場所へ向かう他ないようです。

場違いMAX

西麻布をウロウロしている時に見つけた紫ピンク的な照明で目立つ店があったんですよ。

私のようなカッパ着たオッサンが店の前を歩くだけでも緊張感MAXに達するこの店、歩いた時には店の入口にスーツを着た人が立っていました。これが黒服という人なのでしょうか?

こういう世界に疎い、というより行った事がない私には物凄い場違い感と恐怖感MAXです。

入口のスーツさんと目があっただけでビビってしまたので道路の反対側から作戦実行です。

nishiazabu5

多分ですけど、クラブという施設なのでしょう。

ガンプラとこういった店が同時に移る画像は他に無いと思い、勇気を振り絞って作戦実行です。

これは恥ずかしいとかそういう次元じゃないんです、いじめられっ子がいじめっ子に立ち向かうようなレベルなんです。

勿論、私がいじめられっ子の立場であることは言うまでもない。

このクラブミッションだけでもかなりの価値があると思われますが、クラブミッションに挑んだ私は自分のレベルが相当上がったように感じていました。

「これを達成したんだから、六本木もいける!」

こんな風に考えていた当時の私を叱ってやりたいです。

という事で次は深夜の繁華街作戦へと進みます。
https://gundamoon.com/hills/