マッキー黒で塗るガンダムヴィダール

シェアする

鉄血のオルフェンズシリーズのHGガンダムヴィダールを作りました。

このシリーズのHGガンプラは塗装をしなくても色分けが出来るようにシールが付属されており、シールをガンプラに貼れるように立体的になっているのですが、

これがとても貼り難い… 

一発で決めるのはとても厳しく、ずれまくりです。

そこで今回のヴィダールは色分け立体シールを貼る場所をマッキーの黒で塗ってみる…というアホすぎる行為を行いました。

結論から言えばガンプラにマッキーはやっちゃダメ。

スポンサーリンク

HGガンダムヴィダール制作開始

HGガンダムヴィダールの素組は初心者でもゲート跡が残りにくいような作りとなっています。

作るのが遅い私でもサクサクと進む…バンダイは偉大です。

HGガンダムヴィダール

バーニアのゲート跡をキレイに処理するのは何度ガンプラを作っても難しいです。

デザインナイフとカンナ削りで必死に仕上げました。

HGガンダムヴィダール

バックショットがとてもボリューミーでかっこいいです。

これは改造のやりがいがありますね!

…やらないし出来ないけど。

スミ入れと色付け

スミ入れは毎回ガンダムマーカーの極細タイプ、バーニアのピンクは顔料カラーのポスカ、色分けの黒がマッキーとなります。

ガンプラにポスカを使う時点でかなり狂っている事は認めます、でもポスカ良いんだよなぁ…

HGガンダムヴィダール

肩、腕、わき腹の黒い箇所がマッキー黒で塗り塗りした場所です。

マッキー黒は塗った直後はイイ感じですが、乾くと剥がれます。それは爪でちょっと擦っただけで剥がれる…

クレオスのつや消しスプレーをぶっかければ剥がれないだろうという期待があるのでこのまま進めてしまいます。

拡大するとこんな感じ

HGガンダムヴィダール

黒光している箇所は全てマッキー黒です。

HGガンダムヴィダール

ZEBRAのホームページをみるとマッキーはプラスチックにもOKとなっていますがガンプラには向きません。

とくに硬いパーツは触れ合う度にマッキーが削れます。

クレオスつや消しスプレー

簡単フィニッシュの最後の砦がつや消しスプレーです。

これによりガンプラが玩具っぽくなくなるので絶対のお勧めですが、何度やってもこれが難しい。

HGガンダムヴィダール

まあ失敗といえるでしょう、つや消しを吹きすぎました。

簡単フィニッシュとはいってもつや消しスプレーを吹くかどうかで難易度が変わるようにしか思えません。

HGガンダムヴィダール

しかもクレオスのつや消しが途中でなくなっちゃという痛いミス…

もう私は失敗ばかりしています。

つや消しスプレーでの完成度を高めなければ塗装など上手く出来るわけがない… まあ次に作るガンプラは簡単な筆塗りとスミ入れにチャレンジしてみましょう。

HGガンダムヴィダール

さて、鉄血のオルフェンズシリーズのガンプラがそれなりに集まりました…

これで大規模な作戦が出来そうです!

コメント

  1. 新たにガンダムヴィダールが出撃可能になりましたね!
    いやぁ~、とてもカッコいい!
    ヴィダールは私も凄く好きなんですよね。
    いずれ私も作る予定ではあります。
    ポスカとかマッキーも全然良いと思います、むしろ筆とか出して塗るのは私の場合しんどいし、私は塗るなら手軽なマーカーが良いです。
    やっぱり部分塗装してあると、完成度がかなり良くなりますね!

    • ガンダムーン より:

      マッキーはやめたほうが良いですw
      ポスカは中々良いんですよね、クレオスのつや消し吹いても変な感じになりません。

      ヴィダールの初作戦はロケーションが悪くて失敗です…