クリアパーツのランナーでモノアイを作ってみた

シェアする

ツイッター等でガンプラの画像を見るとジオン系モビルスーツの特徴であるモノアイを改造している方が結構います。

そのようなガンプラ改造は自分には無理… と諦めていましたが、HGユニコーンガンダムデストロイモード制作中にクリアパーツのランナーを見ているうちにモノアイとして使えるような気がしてなりません。

という事でクリアパーツのランナーを使って立体型のモノアイを自作してみました。

ちなみに完成後にネットで検索するとHアイズというガンプラ専用商品で簡単にクリアパーツを使ったモノアイが可能という事を知る…

スポンサーリンク

HGユニコーンガンダムDMのEランナー

クリアパーツのランナーであれば何でもOKでしょう。

ガンプラランナー

このランナーだけ見ていればモノアイを作ろう… なんて考えもしなかったかもしれません。

それを思いついたのがこの部分…

パーツを切り離したランナーの丸い先端…

これを見た瞬間にHGユニコーンガンダム制作をほったらかしてクリアパーツでモノアイ作る事を決意、これなら素組簡単フィニッシュの初心者でも改造モデラー気分が味わえるかも?なんて興奮しながら餌食になってもらうガンプラを物色…

手元にあったブグに逝ってもらいましょう!

きっと上手くいくさ!

HGブグの加工

ベースとなるブグの完成品がこちら。

ブグ 頭部

そこそこの作戦を乗り越えてきた機体だけあって被弾箇所や汚れが目立ちます。

かなり愛しているモビルスーツなので今回のバージョンアップは絶対に成功させなければなりません。

それでは頭部を分解します。

ブグ 頭部

付属のモノアイシールの上から艶消しコップコートぶっ掛け仕上げです。

水に濡れたり土に埋もれたりでかなり汚れが目立ちますね… バージョンアップで良い感じにしてあげましょう!

モノアイシールを剥がしてグリグリと穴を開けてゆきます。

けっこうな大きさの穴ですね、少し大きくあけても瞬間接着剤でお手製クリアパーツモノアイを付けるからこれぐらいで問題なし。

取り付けるクリアパーツランナーを加工したモノアイがこちら

かなり小さいので長さ決定とゲート処理が難しい… まあ0円で出来るからその辺は苦労しないとですね。

はめ込んで完成

モノアイをはめ込むパーツと頭部外装パーツにそこそこのクリアランスがあったので少しはみ出す感じで固定しました。

モノアイ

こんなガンプラ改造が初めてなのでもの凄くワクワクします!

簡単フィニッシュの初心者にはホントお勧めですよ~

そして完成がコチラ

ブグ モノアイ

Hアイズを使ったカスタム例を見ているとモノアイの回りを金属的なパーツで覆うのが流行のようです。

だがしかしカスタム初心者の私にはそんな事が出来ない… という事で穴を開けたパーツをマッキー黒で塗った後に側を少しだけカンナ削りして黒色を落としてみました。

凄腕モデラーさんには遠く及ばないけど何となくモノアイの側に一つパーツが入っているような雰囲気になっていると思います。

このようなガンプラカスタムは初心者だと敬遠しがち、

でもオッサンでしかも老眼の私でも出来たので初心者にお勧めのカスタムです!

コメント

  1. これは凄いですね。
    余ったランナーを使用するというのは考えた事もなかったです。

    やってみたいけど穴を開けるというのが私にとってはめっちゃハードル高いですw

    モノアイが立体感が出てブグが見違えるほどカッコよくなりましたね!

    • ガンダムーン より:

      余る前のランナーでやってしまいましたw

      私も簡単フィニッシュな初心者なもんでして、このようなキット本来の姿を加工した真面目なディテールアップは初めてです。
      凄腕のモデラーさんには馬鹿にされるようなカスタムかもしれませんが初心者が手を出すカスタムとしては最適だと思います。

      穴はドライバーでほじってデザインナイフで整えました。