【初心者向け】ガンプラをLED改造するために必要な物と方法

シェアする

ガンプラ改造の一つでLEDを仕込んでモノアイ等を発光させる、バーニアを発行させる…のようなカスタムがあります。

通常は室内で照明を当ててのガンプラ撮影が基本でしょう、

野外でのガンプラ撮影はパーツの紛失や破損等があるので野外ガンプラ撮影する方は少ないのが現実です。

ただ私の場合は作ったガンプラは基本的に屋外撮影(ガンプラ冒険)するためのものであり、夜の撮影もかなりの作戦回数を重ねています。

そんな野外撮影において、今までの作戦レポートは画像加工によりモノアイ等を光らせて雰囲気をだしていました。

…が、それは何かが違う。

やはり真の意味で発光していないとリアルな冒険にならない… つまりガンプラのLEDカスタムをしなければなりません。

かなり適当な自作LEDキットで発光すればOKの精神ですが、私のガンプラLEDに必要な物と方法を参考にどうぞ。

スポンサーリンク

ガンプラLED改造に必要な物

ガンプラ専用のLEDユニットは販売されているので自作が面倒な方はこのようなユニットを購入すれば楽にLED発光が可能です。

ガンプラ LEDユニット 2個セット【RCP】

価格:891円
(2017/9/30 02:53時点)

私としては自分の好きな場所にLEDを設置したい、全部自分でやってみたい、ということで電子部品を購入して…の自作になります。

ガンプラ用自作LEDユニットのメリットは市販されているもの比べて格安で沢山作れるのがポイントです。

それでは必要な物を見ていきましょう。

LED

ガンプラのLED改造で今回用意したLEDは緑と赤の二種類です。

秋葉原の秋月電子で購入したLEDがコチラ、

ガンプラLED

超高輝度3mm緑色LED

パーツNo: OSG58A3131A

2.9V-3.6V

20mA(max30mA)

10個入りで200円(税込み)

電子部品についての知識は皆無な私は3Vぐらいのヤツなら大丈夫だろうと適当に選んで買いました。

結果的にはこれで問題無しです。

ガンプラLED

赤色LED3mm

品番:SLP-9118C-51H

多分3V

10個+10個増量で合計20個

税込み100円

赤色LED購入時も3Vしか見ていません。

20個で100円という事は一つ5円、この時点で自作LEDユニットのコストパフォーマンスが優れまくっています。

定電流ダイオード(CRD)

CRDが無くてもLEDは発光しますが色々なLEDサイトを見るとCRDは必要との事、どのような理由で必要なのかイマイチ分かってないけど買いました。

ガンプラCRD

定電流ダイオード10mA

品番:E-103

5個 150円(税込み)

CRDについてもさっぱり分からないので適当に選びました。

10mAという数字が気になるところ… まあ光ればOKの精神です。

3Vコイン電池

3Vのコイン型電池ならOKとの情報を元にこれまた適当に買いました。

ガンプラの何処かに設置する必要があるのであまり大きいサイズでは厳しいでしょう。

HGブグ比でこの大きさなら問題ありませんね。

ガンプラLED電池

FUJITSU リチウム電池 3V

品番:CR2032

2個パックで100円ぐらい

大手家電量販店であれば普通に買えるはずです。

電源コード

LEDとCRDと3Vコイン電池を繋ぐために必要かと思い購入しました。

基本的には電気さえ通れば何でも良いはずです。

ガンプラLED電源コード

工作用コード

5m 0.18mmΦ×12芯

一つ150円ぐらい

プラス電源が赤、マイナス電源が黒と分かり易くするために二つ購入。

ガンプラに仕込ませる事を考えるともっと細い電源コードのほうが望ましいはず… 選択をミスしました。

はんだこて

はんだこてを用意するかどうかでガンプラLED改造の本気度が試されるかもしれません。

私ははんだこてを持っていますので新たな費用は発生していません。

ガンプラLEDはんだこて

はんだこての使い方はとても簡単です。

はんだこてをコンセントに挿し、熱くなったらはんだを溶かしてLED、CRD、電源コードを接着。

直ぐに冷えて固まります。

失敗してもはんだこてで再び温めればやり直し可能。

【頑張って送料無料!】goot 家庭用はんだこてセット 40W SR-40これがあれば基盤やおもちゃの配線などちょっとした修理ができます

価格:1,347円
(2017/9/30 17:41時点)

LEDを発光させてみよう!

ガンプラに組み込む前にLEDを発光させてみます。

本来はCRDを間にかまして電源を入れるのですが、とりあえずCRD無しで直接3Vコイン電池にはめてみます。

その前に基本的な知識としてLEDは足の長いほうがプラス(+)になります。

ガンプラLED

要はLEDのプラス線と3Vコインのプラス側を合わせて接続すればLEDが光りますよ…って事です。

では早速はめてみましょう。

ガンプラLED緑

ガンプラLED赤

バッチリとLEDが発光しました。

なんだかコレでもうOKのような気がします… が、一応CRDを間にかまして発光させてみましょう。

ガンプラLED CRD

テストなのでLEDとCRDをセロテープで繋げて発光させます。

そうそう、CRDにもプラスとマイナスがあります。

ガンプラCRD

LEDの足が長い方(プラス)とCRDのプラスをセロテープで繋げれば大丈夫です。

するとこんな感じで発光します。

ガンプラLED

ガンプラ用自作LEDユニットを作る

ここまでくれば後はLEDとCRDと電源コードをはんだつけすればガンプラ用の自作LEDユニットが完成します。

ガンプラの頭部にLEDを仕込むのでLEDが単体になるように作りました。

ガンプラ自作LEDユニット

自作ガンプラLEDユニット

これで初心者でも自作のガンプラLEDユニットが作れるはずです。

後はガンプラへの組み込み…これが一番の難関となります。

電源コードの配線と3Vコイン電池の設置場所…この辺を綺麗に設置出来れば簡単フィニッシュのガンプラでもワンランク上の仕上がりになるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

     

コメント

  1. ガンプラにLEDユニットを組み込む、凄いですね。
    とても為になる解説ありがとうございます!
    私にはとても出来る気がしない位難しそうですw
    しかしこんな改造が出来る様になったら楽しいでしょうね。
    コイン型の電池をどこに埋め込むのか、または外付けにして発光させるのかとかそういう事を考えるのも楽しみの1つになりそうですね。

    • ガンダムーン より:

      HGシナンジュの頭部にLEDをぶち込みましたがクリアランスが無さ過ぎて内部は殆ど改造になってしまいました…!

      これから持っているガンプラに全部ぶち込んでいこうと思ってますw