国会議事堂…ガンプラ…悪くないですね…

シェアする

国会議事堂前を攻略してきました。

国会議事堂といえばもはや語るまいです。

皇居の前にそびえ立つ特徴的な建物であり、中央省庁や最高裁や政党といった権力が集まりまくる場所で普通の庶民には近寄りがたい場所です。

周囲を歩く人は基本的にスーツ姿のエリートっぽい人だらけに加えて警察官だらけなので庶民が気軽に訪れる場所とは言いがたい地域… ただ最近観光スポットにでもなっているのでしょうかね?

大型の観光バスが国会議事堂周辺を走っており、小学生なんかも国会議事堂周辺を社会化見学みたいな感じでウロウロしておりました。

だからといってジーンズにジャンパーに原付といったスタイルはあまりにも浮いている存在になるので、もし訪れる際にはスーツ姿がお勧めです。

住所 : 東京都千代田区永田町1丁目7−1

スポンサーリンク

国会前の交差点で見られまくる

私がガンプラを手に国会議事堂を訪れた事は今回が初めてではありません。

全て深夜なのですけど、過去に3~4回は国会議事堂周辺をウロウロしながらガンプラ撮影を試みました。しかしその全てが失敗…

基本的に国会周辺の深夜は人が歩いていませんし、車やバイクも殆ど見かけません。

そこに居るのは数多くの警察官… かなり厳重な警備体制となっており、深夜に国会周辺を歩くだけで警察官にマークされます。つまり用が無く通過できる雰囲気ではありませんでした。

という事で昼間の国会議事堂にリベンジでやっと作戦レポートを作ることが出来ました。

まずは国会前の交差点から調査開始です。

この場所でガンプラを出す行為… とても目立ち、かつ警官からガン見されます。

これは法に触れる行為でも何でもないのですが、お勧めできる行為ではありませんし、作戦難易度の数値化は不可能なほどの精神力が必要になります。

加えてスーツ姿のエリートの冷たい視線、強烈すぎます。

しかし私だってリベンジで訪れているんです!

ここで引くわけには行きません。視線が集中する先、警視庁本部をザクで反発してみました。

この場所、人は少ないのですが皇居ランニングする人がけっこういるんです。

ランニングマンたちはサングラスをしているので視線は見えません…

見えませんが、完全に顔がコチラを向くのでガン見されてることは間違いないのです。もうどうにもならないので国会議事堂に近づくしかありません。

独特な空気が流れる国会議事堂への道

美しい並木道の先にある国会議事堂、一見すると普通の並木道なんですけど実際に現場を訪れると明らかに普通ではありません。

表現が難しいのですが、何か心が洗われるような気持ちと決戦場へむかうような空気が流れております。

新人の国会議員も同じようにこの道を歩むのでしょうか… ただ歩いている一国民にも緊張感を与える並木道。

しかしなぜなのでしょう?

犬の糞の臭いが立ち込めています… こんな場所で糞の始末をしない飼い主は誰なんでしょうか。そもそもこの場所で犬の散歩が出来るような人ってどんな人なんだろうか…

この臭いは国会議事堂に近づくにつれて大きくなります、ありえない、

また憲政記念館の緑地でラッパを吹きまくるオジサンもありえない(どうみてもラッパの練習)、でもこの空気感は味わったことのないものです。

お勧めとは言いませんが、観光バスが走るのも少しうなずけます。

国会議事堂とガンプラ

ついに国会議事堂前まで到着です。

英語でスマホ電話するエリートさん達のきっつい視線を浴びながらガンプラ冒険家の意地を見せ付けてやりますぞ!

きっとスマホで重要な話をしているのでしょう、英語なので何を言ってるのかさっぱり分かりませんが重要な感じだけは伝わりました。

しかし私だって重要な作戦中、そして…

….

..

私はガンプラ冒険家である!

グフフフ… 国会議事堂前でザクにOKマークのポージングです。

これはかなりランクの高い画像と言えるでしょう。

エリートさんや警察官に見られながら現場でザクの指をOKマークにするこの難易度、もはや説明するまでもありませんね、色々と分かって頂けると信じております。

この後に首相官邸にも行きましたが、小学生に見られたりと昼間でも色々と無理すぎました。

また厳重な警備体制を維持する警察も立派というほかありません。

突っ込みどころ満載の国会議事堂前でガンプラを出すオッサンに対して微動だにしないあの姿勢は素晴らしいものがあります、まさにプロでした。