英雄と呼ばれたガンプラ

シェアする

軽井沢プリンスホテルスキー場の最終作戦レポートになります。

前回の作戦レポートはコチラ…

ガンプラを美しく見せるなら雪上撮影がお勧め
「ザク編」軽井沢プリンスホテルスキー場でガンプラ作戦の続きになります。 詳細はコチラ 軽井沢プリンスホテルスキー場で出撃したガンプラは ザク ドム サイサリス...

これら全ての軽井沢プリンスホテルスキー場作戦はホテルの従業員に声をかけられて注意される可能性が高いものであります。

ガンプラ冒険初心者がイキナリ作戦をおこなっても難しいと思えるレベルなので、初心者はスキーをしながら隅っこでの作戦をお勧めします。

スポンサーリンク

哀愁のサイサリス

ガンダム試作2号機RX-78GP02サイサリス…

このモビルスーツほどガンプラ冒険家の心を躍らせるものはないかもしれません。

強烈なアトミックバズーカーに巨大なシールド、型から腕より長いバーニア、そしてパイロットはアナベルガトーでありソロモンの悪夢という異名…

そんなサイサリスですが、軽井沢プリンスホテルスキー場作戦において哀愁ある一面を見せるモビルスーツである事がわかりました。

まずはこちらの作戦画像をご確認下さい。

明らかに大儀を抱いて決戦に向かうこの姿、哀愁のある表情を醸し出している事がお分かり頂けると思います。

そして日がそろそろ沈み始める時刻…

もう二度と家族に会えなくなるであろう最後の決戦に向けて一時の静寂を味わっているのです。

もはや漢たちの魂の輝きです。

そして、そろそろガトー少佐たちはアクシズ艦隊に向かわなければなりません、一人でも多く突破し、我々の戦いを後の世に伝えるために…!

ぐっ…!

んんっ….!

ぬうああああぁぁ!!

…でたらめな記事内容、申し訳ありません。

サイサリスを出すと脳内がどうしてもこのような汁で溢れかえってしまうのです。

英雄と呼ばれたガンプラ

ガンプラに英雄も何もあったもんじゃありませんが、作戦画像を確認して頂ければ「英雄」の称号を与えても良いのではないか?

と思えるほど素晴らしい作戦が行えました。

それでは英雄たちをご覧ください。

約一モビルスーツがジオン系ではありませんが… まあイイでしょう。

彼らの作戦は後世に伝えるべきモノであり、まさに真実の戦いだったと納得して頂けるはずです。

それにしてもザク・ドム・サイサリスは数々の修羅場をくぐり抜けてきたガンプラだけあって傷や汚れに味わいを感じられますね。

対するZZガンダムは新人ですからね、これからの活躍に期待といったところでしょう。

ちなみにMGZZガンダムは作戦に不向きのガンプラと考えていましたが、瞬間接着剤で色々な箇所を固定する事によりかなりの耐久度を誇るガンプラとなりました。

ただし変形を捨てていますので、その辺は妥協せねばなりません。

注意される…

一応、ZZガンダムにも危険なミッションをさせました。

ちょっと高い木でZZガンダム作戦を行っていたところ、背後からホテルマンに声をかけられるという事態に…

オッサンが木によじ登ってガンプラのポージングを行っていればソレは異常事態ですよね、そんなの分かってますって。

どうもホテルマン×2は私がコテージエリアをウロウロしているのが気になってたらしく、木に登る行為は危ないから止めなさいという事でした。

しかしコノ木を発見、手にはガンプラとなれば作戦したくなるってのがガンプラ冒険家じゃないですか、

分かってたとはいえ、どうしても自分の行動を止められませんでした…

まあ困難な作戦ほどガンプラ冒険家レベルは上がるってもんです。

ちなみにガンプラ冒険家をネットで探しているのですが一向に見つかりません。

これは一体どういう事なのでしょうか?