【初心者簡単フィニッシュ】HGガンダムキマリスヴィダール

シェアする

ガンダムバエル、バルバトスと連続して作ればキマリスも作るしかないってもんです。

キマリスヴィダールは巨大なドリルランスがやる気にさせるガンプラ、やるしかありませんな!

オルフェンズシリーズはこれで3作目となり、どれも塗装しなくてもOKなようにシールが付属さえていますが結局は少し塗装したほうが良いキット…

HGガンダムバエルは後ろ向きがカッコイイ!
突然シリーズ物のガンプラを作りたくなる事ってありますよね、中でもガンダムを買ったならシャア専用ザクも買う、ユニコーンガンダムを買ったらシナンジュみたいな敵対する組織のモビルスーツはどうしても譲れません...
1/100バルバトスは少し塗装した方が良い
1/144ガンダムバエルと同時に購入したガンガムバルバトス、間違えて1/100サイズを購入してしまいました。 1/144サイズと1/100サイズを同時に作ってみると何か新しい発見があるかな?とい...
それはHGキマリスヴィダールも例外ではなく腕の一箇所を丸ごと付属シールで色付けとなっています。

そしてこれをきれいに貼るのがメッチャ難しい…

結局失敗&面倒になってしまい腕はそのまま。

そのうちポスカで似たような色でやってみようと思います。

スポンサーリンク

HGガンダムキマリスヴィダール制作開始

キマリスもスミ入れしながら作りました。

フレーム部のスミ入れは面倒なので今回も後回し…

キマリスヴィダール

キマリスヴィダールのプラスチックは何だか軟らかい気がします。

デザインナイフでのバリ取りが楽という事なので初心者にお勧めの鉄血ガンプラ、私のような老眼オッサンでも難なく作れちゃうのがバンダイの凄いところですな!

キマリスヴィダール腕

これが問題の腕パーツ色分けシール… 全体を囲うようなシールなので立体裁断されており、これを上手に貼るんですけどかなり難しい仕様となっております。

それでも片方を一生懸命に貼ったのが上の画像、最終的に気に入らないので剥がしました。

キマリスヴィダール腰

大きなスカートが特徴的なキマリスの腰部、やっぱりパーツが大きいと作りやすいです。

ただし後ろスカートが可動しない作り… これはチョット物足りない。

改修できる人なら動くようにしたほうが良いパーツ、出来れば分割してギミックを増やしたほうが良いと思います。

私には出来ないからそのまま組むしかない…

キマリスヴィダール足

外装パーツが軟らかいのでカンナ削りが失敗しやすいのが難点、色を塗らない簡単フィニッシュでヤスリ掛けは出来ないとなればデザインナイフで頑張って爪で擦るしかありません。

それでもこれぐらいなゲート処理になるよ~ってな参考にしてもらえれば嬉しい限りです。

キマリスヴィダールシールド

羽シールドがとても良い造型、そして付属のシールがバッチリ貼れる気持ちよさ!

HGキマリスヴィダール最大の魅力はココでしょう!

他のガンプラにくっつけてみたくなるパーツ、欲を言えばもう少しバックパック上部に接続穴があるといい感じですね~

キマリスヴィダール装備品

ドリルランスの一部が色分けされていませんし、色分けシールも付属していません。

完璧に仕上げるなら塗るしか方法ありません。

スミ入れモード完成

ドリルランスが大きすぎて重いので装備した状態でのポージングが難しい…

やっぱり磁石なんでしょうかね?

キマリスヴィダール

なかなかのプロポーションとなっています。

サイドのロング腰スカートと細い足首のバランスが絶妙!

キマリスヴィダール

やっぱり後ろ腰スカートがもっとガバって開くといい感じっぽい。

艶消しトップコート&チョイ塗り

キマリスヴィダールの艶消しトップコート、簡単フィニッシュ最後の味付けが重要ですが毎度のように失敗。

吹き溜まりや白くなる失敗は無かったけどプラスチックにトップコートがのらなかった感じになっちゃいました…

きっと艶消しトップコート吹く前に手でベタベタ触ったオッサン油が原因なんでしょうね、それは分かってます。

細かい部分をポスカ塗装で遊んでみた結果、オモチャっぽい配色に…

どうせ作戦で汚れるて色落ちるんだから別にいっかw

キマリスヴィダール

中腰で刀に手をかけたポージング、たぶん作戦ではこのポージングがメッチャ良い味を出すでしょう。

和のテイストを取り入れた近代的な作戦スポットが似合うっぽい… 武道館なんでしょうかね?それとも歌舞伎座なのでしょうか?

どっちにしても難易度は高そうです。

キマリスヴィダール

後ろからの画像だとドリルランスがプロペラントタンクみたいな雰囲気となっております。

やはりドリルランスはどうにかして本体常時接続可能な状態にしたほうがガンプラ冒険映えするのは確実でしょう。

何か考えなければ…

作戦が待ち遠しいですな!