バエル、バルバトスと行く鉄血のお花見作戦

シェアする

ガンダムバエルとガンダムバルバトスが完成したので某所で軽めの作戦を行ってきました。

某所とはいってもこのブログを読んでいる方はどこか想像つくでしょうね、いつもの場所です。

この場所は春になると立派な桜を見に来る方がとても多いのでソコソコ有名なお花見スポットとなっております。という事はガンプラを見られる可能性がとても高い…

しかも桜の写真を撮る人が多いとなれば通いなれた作戦スポットとは言え慎重に行動する必要があるというもの。

行楽地状態における作戦ほど難易度が高いものはありませんな。

スポンサーリンク

ガンダムバエルはウサギ

1/144のHGガンダムバエル… 作っている時から薄々感じていましたがソコはあえて触れずにブログでも書いてきました。

しかし実際に作戦を行ってみるとですね、もうウサギにしか見えません。

屋外での作戦ともなれば室内のように時間をかけたポージングは不可能です。地形を考慮するのは勿論、敵に見られてはならない緊張感から撮影のチャンスも少ないのです。

そんな状態はモビルスーツが持つ素の表情が見えるってもの…

バエルがウサギ顔である事はこれ以上隠しきれませんでした。

ごめん、バエル。

HGバエルは腹と腰の接続がポリキャップ一つという作り、そしてこれがとても外れやすいのです。

一応作戦前夜に木工用ボンドを薄く塗って堅め関節にはしましたが、上半身と下半身を一つのポリキャップのみで支える構造に加えて後ろの羽がそれなりの重量ともなればまともにバランスを保てる状態ではありません。

これは何らかの作戦用の改造が必要なのでしょうね、色々なモデラーさんの作品をネットで拝見するとデティールUPが基本の改造ですが私がの場合は実用的な改造になるかもしれません。

ガンダムバエル

実際にバエルで作戦を行ってみた感想、このモビルスーツは森や水には合わないように思います。

きっと宇宙空間的なロケーションのほうが向いていると思う。

バルバトスは忍者

同じオルフェンズシリーズのガンプラでこうも違うものかと考えさせらるほどバルバトスは自然に調和します。

やはり刀なのでしょうか…

バルバトス

まるで忍者とプレデターを足したような雰囲気!

これは良い作戦画像、いかにもこれから突撃するぞ~!みたいな臨場感が伝わってきますよね、いいでしょう…. いきましょう…!

人が沢山集まる桜のお花見スポットへ!!!

バルバトス

チョット高台の森に身を潜めつつ様子を確認すると完全に花見をやっている状態、しかもデジカメもった敵がウロウロしています。

もうバルバトスと私の動きをシンクロさせながら作戦を行うしかありませんな!

バルバトス

完全に見られました。

桜を撮ってるとは思いますが、私も撮られたっぽいです…

こうなっては作戦続行不可能ですよね、周囲にもガンプラがバレ始めているので急いで撤退!

刀を銀に塗って良かった!

適当に制作してしまったガンダムバルバトス、せめてもの罪滅ぼしに刀を銀で塗り、更に光沢トップコートをぶちまけてみたのが正解だったと思います。

時間をかけて作ったバエルがいい加減に作ったバルバトスに負けちゃってる…

バエル バルバトス

今回は軽めの作戦ということで近場の作戦スポットでガンプラ冒険を堪能しましたが、現在作成中のキリマスが完成した際には本格的な鉄血ミッションを行ないたいと思います!