1/100バルバトスは少し塗装した方が良い

シェアする

1/144ガンダムバエルと同時に購入したガンガムバルバトス、間違えて1/100サイズを購入してしまいました。

1/144サイズと1/100サイズを同時に作ってみると何か新しい発見があるかな?という事で同時制作をした結果、それは混乱するだけであって無意味。

1/100バルバトスは内部フレームが見える箇所が多く、綺麗にメカを塗ったりするのが好きな人にはお勧めのガンプラです。

私は塗装技術が無いのと早くバエルと一緒にお花見冒険したかったのでバルバトスは適当に作ってしまいました…

スポンサーリンク

1/100ガンダムバルバトス

制作過程の画像撮影… 一枚も撮っていません。

という事で完成画像のみ。

バルバトス

艶消しトップコートは適当にぶちまけました。

なんだか艶消しになっていないです…

バルバトス

足の関節は全体的に良く動く構造になっています。

安定感も1/100サイズとしては抜群です、これはガンプラ冒険の際に木登りとか色々やらせたくなるってもんです。

凄いモデラーさんはこのガンダムフレームを利用した改造ガンプラを作るんでしょう、このモデルはフレームに最も価値があると思われます。

電源マークシールは使わないほうが良い

普通のガンプラMGならパーツが色分けされているので塗装しなくてもそれなりの仕上がりになります。

しかしバルバトスは1/100サイズなのに1/144バエルと同じように電源マーク部をシールを貼り付けろって事になっています。

という事で全て貼ってから艶消しトップコートを吹いたらシールが剥がれました…

なんか「もう駄目だぁ…」って感じですよね、剥がして塗るしか方法は無さそうです。

バルバトス膝

膝の電源マークシールも全然ダメです。

得意技のポスカ塗りもペンが太いから無理、私のような老眼オッサンでは筆塗りはきっと手がプルプル震えて偉い事になるでしょう…

ネットで調べるとポスカの極細があるのでそのうち購入してみようと思います。ポスカでガンプラをどこまで塗れるか?ってのも以前からやってみたかったですし!

完成したバルバトスとバエル、近所で少しだけお花見作戦を行いました。

まだキリマスも完成していないので本格的な作戦ではありませんが、よかったらどうぞ。

バエル、バルバトスと行く鉄血のお花見作戦
ガンダムバエルとガンダムバルバトスが完成したので某所で軽めの作戦を行ってきました。 某所とはいってもこのブログを読んでいる方はどこか想像つくでしょうね、いつもの場所です。 この場所...